« June 2016 | Main | August 2016 »

July 2016

バーハンドル交換

Barhandle
過日のステップ交換で、自分にとっての乘り易さをより増したウチの「HONDA APE100」。
ただもう少し欲を言えば、元々ハンドルがノーマルよりややアップ気味のモノに交換されていたこともあり、足元が後ろへ行った分だけ、上半身がやや窮屈に感じられるようになってしまったきらいアリ・・・。なのでこの際、ここら辺も自分好みのポジションに合わせるべく、思い切ってバーハンドルも交換することに決定。
これまでよりグリップ位置はもう少し低く、幅はやや狭めのモノを・・・ということで選び出したのは、ハンドル周りの部品といえば・・・のド定番、「ハリケーン」製の「ミニフラット1型」。交換作業については、グリップ位置が変わった分、長さがやや余ってしまうブレーキ・クラッチケーブルの取り回し変更にやや手間取った以外は、特に大きなモンダイもなくサクッと終了。
で、実際に乗ってみたところ、以前より上半身もユッタリして、なんとなく自分としてはコッチの方がシックリくる感じ。また先日の「播磨中央公園」往復の100kmチョイとやや長めの道のりも、従前通り全くフツーにこなせたので、まぁそう的外れな乗車姿勢でもなかろうと・・・。
てなワケで、さらなる不具合を強いて挙げれば、バックミラーが内側に来た分だけやや見づらくなったコトくらいで、コレについては後日ステーの曲げ具合の変更でナントカ対処の予定・・・それ以外は、ほぼほぼ狙い通りのセンが出たつもりの今回一連の乗車姿勢改善作業。
しばらくはこの仕様でいってみよー。
Barhandle1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グッドモーニングラン in 播磨中央公園サイクルランド2016 お疲れ様でした! 

Goodmorningrun
もはやブームどころか完全に定着した感のある、巷のマラソン人気は一向に衰えることを知らず、一昨年昨年に続き、今年もまた地元「大阪マラソン」「神戸マラソン」両者見事に抽選漏れ・・・ということで、もう最近では自分のクジ運の無さを嘆くより、むしろ「倍率の低いうちに走っておけてヨカッタ・・・」との思いの方が強い今日この頃。
そんなダダ下がりのランニングへのモチベーションをナントカ維持すべく、先週末の日曜はこれまた昨年同様、「グッドモーニングsunラン in 播磨中央公園サイクルランド」10kmの部に参加のため、兵庫県は加東市の播磨中央公園まで・・・。今年は薄曇りの夏の早朝、適度にアップダウンのある緑の中のサイクリングコースを、エッチラオッチラ無事完走のお疲れ様でした。このところずっと続いていた練習不足の影響もあり、いやはやこの日は10kmでもすでにお腹イッパイの感がアリアリと・・・。
やっぱ普段からチャンと走っとかんとね~。

グッドモーニングsunランin播磨中央サイクルランド
10km男子50歳以上の部:19位/60人中
記録:47分58秒
Net手元計測:47分55秒
GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'37"
2k 4'56"
3k 4'56"
4k 4'42"
5k 4'58"
6k 4'46"
7k 4'44"
8k 4'48"
9k 4'37"
9.86k 3'47"
total 47'55"
Goodmorningrun1_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バックステップ装着

Backstep
休日のアシ「HONDA APE100」の運転手ポジションをチョコッと改善。
以前28番車が勝手にバイクのお師匠さんと仰ぐ、ガレージお向いのMっちゃんの教えのひとつに、「両ヒザの内側を燃料タンクに挟んでおき、曲がるときはアウト側のヒザをシッカリとタンクに押しつけてやると吉。」というがあり、日頃から自分なりに実践していたところ、どうも現行のステップ位置だと、両ヒザが燃料タンクの上に出てしまいイマイチやりにくし・・・。そこでギアチェンジやブレーキング時以外は、ステップには靴のつま先をチョットだけひっかける感じで、足全体を後方に持って行った方が、両ヒザの位置が下がってタンクを挟むには丁度具合がよく、また姿勢的にもラクなことを発見。で、しばらくはそんな感じで乗っていたところ、ナントそのステップをブレーキペダルやチェンジレバーごと後方へ移動させる「バックステップ」なる便利なモノがあることを教えていただいたのがツイ先日のこと。
早速調べてみたところ我がAPE100用にもまぁアルワアルワ・・・ということで(ヴェローチェでは考えられん・・・)、そんな数ある中から巷でも評判の良い「OVER RACING」製のモノをチョイスしたような次第。実際の取付にあたっては、NSR50用のキックペダルやサイドスタンドの移設ステーなどを別途調達する必要があり、それなりに手間はかかったものの、作業自体は特にトラブルもなくスンナリ無事終了。
ノーマル位置より後方へ90mm、上方へ60mm移動したステップ位置のおかげで、普通に跨っただけで自然にいい感じの姿勢がとれ、日常の走行でも運転が幾分なりとも楽になったような・・・まぁ初心者なりにもそんな気がする今日この頃でアリマス・・・。
Backstep1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

箱書きにツイツイつられ・・・。

Horn
先日買い物で立ち寄った近所のホームセンターの特売コーナーにて・・・。
「世界最軽量」の文字に、思わず吸い寄せられるよう手に取り、そのままレジカウンターへ直行してしまうという、画に描いたような衝動買い。
確かに何百グラムかの軽量化にはナリマシタガ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グリスアップなどなど・・・。

Prolink
Prolink1
「あぢぢぢぢ・・・」てなことで、あっという間に夏真っ盛りはもう7月半ば。
ナンだカンだで今年はコトのほかバタバタした7月第1四半期決算進行のおかげで、「休日のアシ」エイプ100も、「休日」の後に「出勤」が付く日々・・・。そんな中、ここ最近ずっと気になっていたのが、走行中路面の段差などで発するリアサス辺りからのキコキコ音。信号待ちで体重を掛けて上下に揺すってもキコキコうるさく、一旦気になってしまうと、もうやたらと不快に耳につくようなコトで、こりゃ精神衛生上もヨロシクないワ・・・と先日ようやく重い腰を上げ、スイングアームのピボットシャフトと、そのスイングアームとサスペンションユニットを繋ぐプロリンクのシャフトをグリスアップ。本来なら分解洗浄の後・・・といきたいところも、ガレージのあまりの暑さにメゲてしまい、とりあえずはピボットのカラーの隙間から可動部と思しきあたりを狙いすましてスプレーグリスをジョワ~ッ!!と注入。で、溢れたグリスをウェスでザッとふき取り、そのまま一晩置いてみたところ、翌朝には件のキコキコ音はサッパリと消えていたので、まぁ当面はコレで良しかと・・・。
そんなこんなで気がつけば1000キロ単位までしかないオドメータの表示がキレイに1周したのは、休日出勤帰りの十三大橋高架上にて。早速下りたところのR176歩道脇のスペースにて記念撮影の図(↓)。
祝1万キロ!・・・なワケ無く2万キロ・・・え!?もしかして・・・!?
Zerometer

| | Comments (0) | TrackBack (0)

便利なり、タンクバッグ。

Tankbag2
財布やケータイ、飲み物のペットボトルなどなど・・・ツーリング中の休憩などで頻繁に出し入れする小物類の収納用に、先日の神鍋高原ツーリングから導入してみたタンクバッグ。
モンキーに代表されるミニバイク用の一番小ぶりのヤツで、加えて裏側には円柱状の燃料キャップの逃げがあるために容量は最小限ながらも、実際に使ってみところ、いやコレはホントに便利。これまでは道の駅などでチョット財布を取り出そうにもいちいち背中の防水リュックを下ろしてガサゴソやっていたところが、そんな面倒臭さもなく、またマグネット固定式なので簡単にタンクバッグごと外して、それこそカバンがわりに持ち歩けるところも、小さいが故の便利ポイント。
また目的地までの道順のメモや、ルート周辺の地図のコピーを、バッグ上面の透明カバーの中に入れておけば(↓)、走行中でも逐一道順を確認することができ、ココ一番の肝心な時に限って「再探索中デス・・・」となるイマイチ信頼の置けんポータブルナビよりも遥かに安全確実。
てなワケで、装着時の見た目のカッチョ悪さ(↑)を補って余りある、その実用性に深く納得できた久々にイイ買物になったような次第・・・。これからの遠出の際の必需品となりそうデス。
Tankbag

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セントラルでも試してみたが・・・。

Centralpit6
ココ最近どうにもパッとしない28番車の現状に、少しでもタイムアップのキッカケになれば・・・と試してみるも、地元岡山国際サーキットではイマイチの結果に終わったタイヤの小径化。ならばもう一つの地元セントラルサーキットではいかがなモンか?・・・というワケで、先週末の土曜日は久々のライセンス枠での練習走行。
このところの蒸し暑さもあり、少しでも涼しいうちにと先ずは朝の2枠目・・・。先日の水周り変更後のチェックも兼ねての周回中、ナゼか3番のプラグコードのみが何度走ってもスッポ抜けるというワケの分からんトラブルに翻弄され満足な走行もできず・・・。慌てて手持ちのタイラップで応急処置を施し臨んだお昼前の4枠目。ようやっとのコトでまともに周回できたものの、肝心のラップタイムが、頑張った割には自己ベストのほぼ1秒落ちからビタ一文上がらずだったのは、湿度・気温ともに高かった悪条件のせいか?はたまたやっぱしこのセットはココでも「ハズレ」というコトなのか・・・?
いずれにせよ、この仕様で走った岡山での右足の動きひとつでパンパン向きが変わる痛快な印象が、意外にもここセントラルでは全く感じることができなかったのには、思うようなタイムが出なかったことに加えてさらにガッカリ。
まぁそう簡単には思い通りにイカンっちゅうコトです・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨の晴れ間の日帰りツーリング

Apeti
先日のユーロカップ見学で訪れた岡山国際サーキットへの移動は、タマタマ梅雨の晴れ間ということもあり、ちょっとしたツーリングも兼ね休日のアシ「HONDA APE100」に乗って・・・。
普段28番車で行く「節約コース」もなるべく高速道路は使わないルートとはいえ、全くの「シタミチ」のみで行くのは今回が初めて。いつものR176を西進し、北神戸、三木市街経由で加古川越え。さらに姫路→龍野→相生と続く田舎道を抜け、上郡の町中までたどり着けば、残すサーキットまではいつもの通いなれた道。総行程およそ130kmの道のりも、早朝出発のおかげもあって、行きはスムーズに3時間チョイにて現地着。
で、折角原付で来たんだから・・・とノーヘルでパドックをウロウロしたり、普段は遠くてナカナカ行けない2コーナーからアトウッドにかけての観戦ポイントまでトコトコ足を延ばしてみたり・・・。
そんでもって帰りもまた気持ちの良いお天気の下、来た道をトコトコ引き返す・・・つもりが道を間違え、エラい遠回りをしてしまったりはしたものの、それでもナントカ夕方には無事ガレージまで帰り着いたような次第。
タマにはかようなノンビリしたサーキット訪問も、まぁアリなのではなかろうかと・・・。
Apeti2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »