« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

2016年度 全リザルト

Noukai2016
2016年も残すところあと数時間・・・。
今年はやり残した宿題もあり、いつにも増して年末ギリまでバタバタやってた28番車。一昨日の年末恒例「柳原メンテナンス」納会でも、夕方いつもの仲間内がリラックスムードで三々五々集まる中、一人切羽詰まった顔してキャブレターのミクスチャー調整などをお願いしたりして、その節はご迷惑をばおかけいたしました・・・。てなワケで、いつまでたっても相変わらずの七転八倒が続く「おやじサラリーマンの草レース的生活」、本年ラストもやっぱり大晦日恒例「今年度28番車全リザルト」でシメさせていただきたく・・・。
今年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

還暦レース大会2016
2016年1月31日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選1位(5) 1’53.771  決勝1位(5) BT 1’53.808

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第1戦筑波 TM&Kレース
2016年3月13日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選2位(2) 1’07.379  決勝2位(2) 1’07.375

第19回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2016年5月15日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選2位(2) 1’55.372  決勝2位(2) BT 1’54.076

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第3戦筑波 TM&Kレース
2016年9月18日 筑波サーキット(ウェット)
TM2Tクラス 予選4位(9) 1’17.030  決勝 DNS

チャオ・イタリア2016 クラシックカーチャピオンレース
2016年10月30日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.129  決勝1位(1) BT 1’34.011(FL)

さんさんCLUB走行会2016
2016年12月15日 セントラルサーキット(ドライ)
1本目ベストラップ 1’33.746 2本目ベストラップ 1’33.681

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年の瀬の悪あがき・・・。

Venturi
早いもので気がつけばアッ!という間に2016年も残すところあと3日・・・。振り返れば3月のツクバ自己ベスト更新を除けば、その他のサーキットでのラップタイムはいずれもパッとしなかった28番車の今シーズン・・・ということもあり、シーズン終了後の年末最後のひとあがきで思い立ったのが、キャブレターセッテイングの再度見直し。
どうにかしてアトもうチョットだけでも中速トルクが厚く出るセットを探れんモンかと、現行と手持ちのアウターベンチュリーに加え、新たに通販で取り寄せたモノも含めて、それぞれの口径をとっかえひっかえ・・・。その度に、各種ジェットの詰め合わせにプラグレンチやその他工具を放り込んだ道具箱を傍らに、師走の街中から郊外をウロウロ走り回っては、道端であーでもないこーでもないとやるコトしきり・・・。この際街乗りの極低速域は少々ギセイにしても・・・なんて当初の思惑のその「少々」の塩梅がどうにも出せずに四苦八苦。
ナカナカそう簡単にはいかんモンですなぁ・・・。
Setting

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迷った末に結局今年も・・・

Licensehagaki3
ライセンス更新・・・。
この先また再び使う機会が訪れるか?・・・といえばその可能性については甚だ疑問ながら、もしや?あわよくば?イザ鎌倉!(ナンのこっちゃ?)の想いはナカナカ捨てきれず・・・。
また今年も期限ギリでの納付でゴザイマス・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨシムラ F.C.C ヘビーデューティ クラッチキット

Clutch
チョットした遠乗りなどで感じるトルク不足解消にと、以前から画策していたウチの「HONDA APE100」ボアアップによる115cc化計画。ただその恩恵をフルに堪能するには、それなりの下準備が必要デスヨ・・・とのアドバイスを受け、すでに換装済みの排気系に加え、キャブ&カムの吸気系に点火系・・・と少しづつ揃えてきた、お次のアイテムは「伝達系」というワケで、買ってきたのが強化クラッチ、「ヨシムラ FCC ヘビーデューティー クラッチキット」。
「エエ加減どんだけヨシムラ好きやねん?!」と我ながら思いつつも、コレまでの経験上、製品の精度・取付時の作業性・補修部品の供給などなどでマイナスポイントがマッタク思い当たらず、今回も迷わずヨシムラ一択となったような次第・・・(ちなみに単なる偶然ながらヴェローチェの温度計もコレコレ)。
で、早速ガレージにて取付にかかったところ、交換前のノーマルクラッチ板がすでに結構な減り具合となっており、通常のメンテナンスとしてもイイ頃合い。作業自体も手こずったのは、クラッチカバーにこびりついたガスケットはがしくらいで、あとは取説どおりに組み上げればなんなく終了。サスガに強化版だけあって、試運転当初はクラッチレバーの握りの重さにややビビったものの、使うのは発進時とシフトダウンのみということもあって、すぐに慣れてしまい特にモンダイ無し。それよりもオートシフター作動時の各ギア間のつながり具合が、以前より断然滑らかになったのがウレシイ誤算。
てな具合で、28番車の日常のアシとして、もはや欠くことのできない存在になりつつある、ウチの「HONDA APE100」。少しづつ・・・ホンの少しづつではありますが、乗り物としての楽しさを増しつつありマス・・・・。
Clutch2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第12回宝塚ハーフマラソン大会 お疲れ様でした!!

Takarazukahalf1
28番車、運転手がエッチラオッチラ走る方の2016年のシメは、近場のハーフで・・・ということで、宝塚大劇場横の「花のみち」を起点に武庫川河川敷を走る「第12回宝塚ハーフマラソン」本日無事終了。お疲れ様でしたー!
年末のバタバタと加齢による気力体力の減退にかまけ、もはや慢性化しきった感のある普段の練習不足は、まぁともかくとして、今回もいつもと同じく「怪我なく楽しくイーブンペース」を目標にガンバッテみた21.0975km。とりわけ今回はアップダウンの少ない河川敷コース、序盤からちょっとキツめの4分50秒台前後キープでナントカ最後まで押し切る・・・との当初の作戦はどうにか完遂。自身の現状としてはマズマズの出来での無事完走といったところ。
・・・てなワケで、28番車今年のランニングイベントはコレにて全て無事終了・・・今2016年も記録はともかく、参加全レースにおいて怪我なく無事に最後まで走り切れたコトに、まずは何よりも感謝感謝の1年でアリマシタ。

第12回宝塚ハーフマラソン大会
男子ハーフマラソン(64歳以下)の部 403位/1780人
男子ハーフマラソン 411位/2280人
記録:1時間44分40秒(Net:1時間43分36秒)
Net手元計測:1時間43分34秒

GPSウォッチ(Net計測)
1k 5'20"
2k 5'07"
3k 5'01"
4k 5'04"
5k 4'58"
6k 4'59"
7k 4'54"
8k 4'53"
9k 4'48"
10k 4'48"
11k 4'47"
12k 4'47"
13k 4'47"
14k 4'49"
15k 4'50"
16k 4'49"
17k 4'47"
18k 4'49"
19k 4'47"
20k 4'42"
21k 4'45"
21.192k 0'51"
total 1:43'34"
Takarazukahalf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「さんさんCLUB走行会」車載映像×2

Sansan2
先日セントラルサーキットにて行われた「さんさんCLUB走行会」の車載動画。
当日は朝イチから絶好のタイム出し日和ということで、今年最後のサーキット走行をベスト更新で気分良くシメようとガンバるも、フリー走行1本目は11周目の1分33秒746、続く2本目でも4周目の1分33秒681がこの日の最速ラップという結果にて、残念ながら僅かに及ばす・・・。
ただもう一つの懸案だった冬場のサーモスタット装着については、この日の気温ぐらいならサーキットでの全開走行でも、水温はやや高めながらも終始安定して78℃前後をキープしており、全くもってモンダイ無しということが判明したのは一つの収穫。今後春先から夏場にかけての運用は、またおいおい様子を見ながら・・・てなワケで、いずれについても宿題の続きは、また来シーズンに持ち越しということで・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「さんさんCLUB走行会」inセントラルサーキット

Sansan
一昨日の12月15日(木)は、セントラルサーキットにて開催の「さんさんCLUB走行会」に参加。
ここ数年来、相方27番車お手伝いで帯同するJCCAヒストリックカーレースでは、同じ関西遠征組として何かとお世話になっている「かーきちやん」さん主催の地元セントラルサーキットでの走行会ということで、週ド真ん中の平日開催ながらも、ココ一発の有休取得でお邪魔虫。
当日は夜半からの放射冷却でカキ~ン!!と冷え込んだ上に、朝イチから晴れ渡る青空ということで、タイム出しには絶好の条件。折から2016年シーズンのシメのシメとして、先々月のチャオイタリアでの忘れ物、セントラルサーキット自己ベストラップをヒネリ出すべく、車輛にも若干の仕様変更を加え、意気込んでやって来た28番車にとっては、こりゃチャンスは今でしょ?!イマしか無かデショ!!・・・とシャカリキにガンバルも、残念ながらこの日の最速ラップは2本目4周目の1分33秒681と、自己ベスト33秒234には僅か及ばず、お忘れ物の返却はまた来シーズンに持越しとなった次第・・・。
それでも普段のレースとは違い、年式・国籍も多種多様な30台弱でのフリー走行30分×2は、寒空の下ではホントありがたかったお昼の温かいカレーライスの炊き出し(↑)も含め、終始和気藹々の和やかな雰囲気。また午後からの2本目ではかーきちやんさんのご厚意で、28番車アコガレの「TS」、ご自身の愛車B310サニーTS仕様(↓)に体験試乗させていただけるという嬉しいオマケつき。その節は本当にありがとうございました!!
・・・てな具合で28番車にとっても今後年末の恒例行事となりそうな「さんさんCLUB走行会」。また次回もよろしくお願いしま~っす・・・あ、休み取れましたら・・・。
Sansan1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ローテンプ?サーモスタット

Thermostat
12月も半ばを迎え、日中の気温が10℃を下回り始めればいよいよ冬本番・・・てなコトで、以前から画策していた28番車オーバークールの抜本的対策、冷却水のバイパスホースを塞いでいたプラグを取り外してのサーモスタット装着。
今回調達したのは、あわよくば冬場はそのままサーキット走行もこなせれば・・・と手配したローテンプ仕様のサーモスタット。ただ通販サイト上では77℃となっていた開弁温度、にもかかわらず実際に送られてきたブツには79℃の刻印が・・・。「おいおいおい、ソコの2℃の温度差はデカいんやけどなぁ・・・」とブーたれつつも、遥か大英帝国に向け文句を言う前にまずは試しに装着ダ・・・。
で、作業完了後、早速その辺をウロウロ徘徊してみたところ、確かに水温は78℃~82℃付近をいったりきたりで、街乗りレベルの水温管理としてはマズは十分といったところ。肝心の冬のサーキットでの全開走行については、近日参加のセントラルサーキット走行会にて随時確認の予定でアリマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡山国際サーキット レーシングコース路面全面改修!!

Kanreki20163
・・・ということで、本年末12月12日から来年2月10日(予定)までの間は、工事期間中のためコースクローズ。
「こりゃ工事明けはタイム出るぞぉ・・・」との思惑は、ココを根城にする岡国ランナーにとっては共通の認識のハズ。28番車とてここ数年来、目の前の壁として立ちはだかっている「1分53秒のカベ」を乗り越える千載一隅のチャンス到来なワケで、来シーズンの岡山国際サーキット開催レースへの期待はいやが上にも高まろうっちゅうモノ。
ただその工事期間の関係で、毎年楽しみにしていた年初の「還暦レース大会」は、残念ながら来年はお預け?となりそうな様相・・・。となれば次は例年春の5月開催の「MINI JACK」にてユメの1分52秒台・・・。
・・・・はい、鬼大笑い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SPIRALパフォーマンスシートカバー

Harikae
Harikae1
オーバーパンツ着用時の「おしりツルツル問題」対策、燃料タンクの滑り止めパッドに続いてはコレ。
以前からビニールレザー製のシート表皮が、経年劣化でカチカチに硬化し、弾力を失った部分から亀裂が生じており、いくら補修用のパッチを当てても、その下から新たな裂け目が拡がってくる・・・というような状態の繰り返し・・・。そこで今回その抜本的補修も兼ねて選び出したのが、SPIRAL製「パフォーマンスシートカバー」。
WEB情報によると、モトクロスの世界では定評のある、適度に滑り止めの効いた素材のシート表皮ということで、通販で入手後、早速ガレージにて張替作業(↑)。自身初挑戦ということもあり、慣れぬ手つきで四苦八苦しながらも、どうにかシワもなく、ほぼほぼ満足のいく仕上がりになったような・・・ならんような?!
ともあれチョット近所を回ってみた試運転でも、お尻がツルツル滑り過ぎることも無く、またかといって動きにくくも無しという、絶妙な滑り止めの効き具合は十分に体感でき、先のタンクパッドの効果とも相まって、普段の乗り心地は随分とラクになったような印象。
当初は純正シートのサラ購入と迷っていた、外品シートカバーへの張替え・・・今回はどうやら吉と出た模様デス。
Harikae2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »