« September 2017 | Main | November 2017 »

October 2017

DUNLOP DIREZZA ZⅡ

Direzza
先日の「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースで乗せていただいた、白猫#35さんチームの73号車、水色スパイダーの足元に装着されていたのは、いつもとは見慣れぬダンロップの「DIREZZA ZⅡ」というタイヤ。
聞けば普段サーキットで慣れ親しんでいる所謂「Sタイヤ」ではない一般のスポーツラジアルながら、耐久レース用タイヤとして各所で高評価を得ていることから、今回初投入してみました・・・とのカントクの弁。一般ラジアルでのサーキット走行といえば、遥か昔の「セントラルビッグチャレンジ」以来の20年ぶりとなる28番車にとっては、まぁ初めてみたいなモンで、朝イチのテストランは恐る恐るのコースイン。
で、実際に走ってみたところ、絶対的なグリップ力はSタイヤほどではないものの、ソコさえ気を付ければ不安な挙動は一切無しと判明し、まずは一安心。また続く5時間耐久の決勝中に驚いたのは、その性能の落ちの少なさ。いつもならある程度のタイヤのタレを覚悟して乗り込む2スティント目の乗車時でも、「タイヤは全然大丈夫!!」との前ドラの言葉に半信半疑でコースに出ると、いやはや全くもってその通り。1回目に乗った時とほぼほぼ変わらず健在なタイヤのグリップ力に感心するやら、驚くやら・・・。さらには5時間の長丁場を無交換で乗り切ったレース後のタイヤのトレッド面を見ても、「え!?コレまだ全然イケるやん・・・」となるほどの持ちの良さにもチーム員一同またビックリ・・・てなワケで、加えて浅溝のSタイヤと違い、レインセットを別に用意する必要も無いとすれば、少々のラップタイムの落ちを補って余りある利点の数々・・・。
こりゃ今後しばらく耐久用のタイヤはコレで決まりデスナ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

AR-CUP2017 第7戦 予選車載映像

Arcup6
先日の28番車ツクバ遠征「AR-CUP 2017」第7戦の予選車載映像(↓)。
当日は予報通りのフルウェットコンディションということで、新調したばかりの雨用タイヤでコースイン。
まずは初めてとなるADVAN A050 「G2/Sコンパウンド」のレイングリップを確かめながら慎重に慎重に・・・。なんせ直近の雨のツクバではコースアウト→クラッシュの苦い苦い思い出があるだけに、今回の遠征についてはいつにも増してとにかく無事に帰るコト・・・を念頭に入れつつ、ビビリミッター全開での予選13周回。
結果は予選時間終了間際、やや慣れてきたところの11周回目に記録した1分16秒495がベストラップとなりました・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP 1  1:19.99
    2  1:17.53
    3  1:20.87 
    4  1:20.42
    5  1:23.29  
    6  1:19.40
    7  1:19.10
    8  1:19.19 
    9  1:17.95
   10  1:16.54 ※BEST
   11  1:22.81
   12  1:20.39  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツクバ2週目はお手伝い。

Jcca2017_2
先週末の土日は、前週自身のAR-CUP参戦に続き2週連続のツクバ遠征、今度はいつものサポート役ということで、「JCCAクラシックカーフェスティバル エンデュランス筑波ミーティング」Sスプリントレースに参戦する相方27番車のお手伝い。
今年の10月は本当に「梅雨か!?」というほど雨の多い月で、折角の秋の関東遠征行も2週連チャンでのウェットレース。それも今回はツイ1週間前のような秋雨のシトシト降り・・・なんちゅうナマヤサシイもんではなく、折から接近中の大型台風の影響で、朝イチから土砂降りの大雨・・・。こうなってしまえばサポート隊としては、却って悩む必要も無く、タイヤはレイン一択。後は通常のルーティン作業にガラスの曇り止めが加わるくらい・・・どころか参戦以来初めてドライ用タイヤは積載トラックから降ろしもしなかったくらいで・・・。
そんなヘビーウェットの難しいコンディションの中、出走26台中ナント10台がペナルティで最後尾スタートを言い渡されるという荒れた予選をクレバーに乗り切り、続くさらに雨の激しくなった決勝では、8番グリッドという好位置からのスタートを生かしつつ、後続から襲い掛かる並み居る強敵の追撃をしのぎきっての13周。終わってみれば総合第6位、「S68-2」クラス2位入賞の好リザルト。
手持ちの使い古しのレインタイヤでは、チョット勝負は難しいか・・・との当初の懸念は、続くプログラムラストの決勝2レースが中止となってしまうほどの豪雨が、幾分なりともその性能差をカバーしてくれた面もあったとはいえ、それでもその手持ちのカードをしっかり自分の味方につけて、難しいレースをまとめてくるのはいつものことながらサスガですわ・・・。
まぁそれにしても前日の練習走行から、台風に向かっ突っ込んでいくことになった帰路の高速道路まで、ホンマによぉ~降った週末でアリマシタ・・・。
Jcca20171

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AR-CUP2017 第7戦 お疲れ様でした!

Arcup2
先週末の日曜日は、今年3月に続いての28番車関東遠征行その2発目、茨城県は筑波サーキットにて開催の旧車アルファロメオによるワンメイクレース「AR-CUP」に初参加。
クラシックミニではお馴染み、三和トレーディング主催のサーキットイベント「SUPER BATTLE of MINI」第3戦の1カテゴリー、1980年式までの英・仏・伊車で行われる「EUROPEAN CLASSIC CHALLENGE」内で行われた今回の「AR-CUP」2017年度の第7戦。総合及びAR-CUP・Rクラスの第1位は、お陰様でこの日はミラノオートサービスからエントリーの「柳原メンテナンス1750GTV」28番車。
事前からの予報通り、曇り空は早朝のみ(↑)で後はベッタリ終日そぼ降る雨の日曜日・・・。雨のツクバといえば、使い古しの雨タイヤでエライ目に遭ったトラウマを、この機会にナンとしても払拭すべく、急遽思いっきりムリして購入した新品雨タイヤ、YOKOHAMA ADVAN A050「G2/Sコンパウンド」の威力炸裂。予選ポールポジションから決勝トップフィニッシュ、さらにはファステストラップも記録するという望外のリザルトも、コレひとえに「道具」がもたらしてくれた恩恵の賜物というワケでして・・・。
・・・てな良き想い出に加え、遠くアウェイの新参者にもかかわらず同じパドックの並びで暖かく迎え入れてくださった、ミラノオートサービスのスタッフを始めエントラントの皆様方には本当にお世話になりました。
また来期の遠征時にはどうかよろしくお願い申し上げます。
Arcup5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レース お疲れ様でした!

Taikyuspider2017
先週末の日曜は、「第29回HOTDOG大運動会」5時間耐久レースに今年もお馴染みの水色スリッパ・・・もとい水色スパイダー73番車でエントリーの山陰は白猫#35さんチームのお手伝い。
去年はマサカの決勝DNS、そのトラブル発生時の担当ドライバーだったにもかかわらず、そんなコトなど一切不問、むしろ逆にそのリベンジの機会として、今年も耐久ドラ5人衆の一員に加えていただいたことに深く感謝の28番車。いつまでたっても慣れない左ハンドルとかいいつつも、早いものでこの度で4回目の搭乗、さらに今回は地元セントラルサーキット開催となれば、前回は繋ぐどころかスタート地点にさえ持っていけなかったタスキを今度こそは・・・てな意気込みで臨んだ5時間の長丁場。
途中自身担当の2スティント目でヒヤリとした場面はあったものの、丁度ペースカー周回中のスロー走行時だった幸運も手伝い、チームスタッフの速やかなトラブル対処で見事に戦列復帰。終わってみれば総合7位の成績にて無事5時間完走のお疲れ様でした~!!
・・・てな具合で、チームオーナー白猫#35さんご夫妻はじめ、ドライバー・チームスタッフの皆様のおかげをもって、普段慣れ親しんだベローチェとは一味も二味も違う、軽量低重心&ショートホイールベースのパッケージングがもたらすアルファスパイダーの楽しい操縦性を、存分に満喫させていただいた秋晴れの爽やかな一日・・・。
重ねまして本当にありがとうございました!!
Taikyuspider20171

| | Comments (2) | TrackBack (0)

OB演奏会 今年もお世話になりました。

Obkai2017
先週末の土曜日は神戸三宮のライブハウス「Kobe SLOPE」にて、母校軽音楽部OB会主催の定期ライブ。
一昨年の初参加から数えて早もう3回目、今年もいつもの先輩方にメンバーに加えていただき、今年のお題として選曲したチョット懐かしのロックナンバーを中心とした5曲を、30分の持ち時間にてキンチョーの中にも楽しく演奏。メンバーそれぞれが日頃忙しい中、いつものごとく限られた練習時間となれば、粗削りながらも(便利な表現ダ・・・)まぁマズマズの出来だったのではナイカト・・・。それに比べてイマドキの現役生の皆さんのそらまぁ上手なコトといったら・・・てな驚きも含め、大先輩のジャズナンバーから、ゴキンゴキンのロックまで、1年ぶりのOB会の生演奏を堪能させていただいたような次第。
OB会、現役生をはじめスタッフ関係者の皆様方、今年も本当にお世話になりました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 決勝車載映像

Ciaoitalia20173
先日行われた「CIAO ITALIA 2017」、前回の予選に続き、クラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)
毎度毎度ニガテなスタート、それもポールポジションからとなれば、いやさらにも増すプレッシャーということで、後にフライングと判明する予選2番手「アルファロメオスパイダー」Mさんの先行にも、その場ではナンの疑いもなく納得してしまうカナシサよ・・・。
とはいえココまではまぁ慣れた展開、レースはまだまだ始まったばかりと開き直ったのが功を奏したか、その後数ラップで一気に差を詰めたところまではヨカッタものの、「あれ?コレこのままイケるかも?」との慢心がチラとでも心を過ると、もうイケマセン。続く裏ストレートエンドで半ば強引にインに飛び込んで前に出てからは攻守逆転、トップ引きで引き離すどころか今度はコチラがベタ付けで追い立てられるという防戦一方の展開に・・・。
それでも後方からのプレッシャーを受けながら、時にはエゲつないブロックを繰り出しつつ(Mさん、その節はスンマセンでした・・・)、どうにかこうにかレース終盤までは先頭で踏みとどまったものの、残り1周となった一番のフンバリ所で、あろうことかミスを連発してしまい、アッサリと抜き返されてしまったところで10周終了のチェッカーフラッグ。
その後のペナルティの裁定で、リザルトは決勝1位となったものの、レース内容としては反省しきり・・・。またラップタイムもベストは辛うじて1分33秒911を記録するも、それ以外のほとんどの周回が1分34秒台に留まってしまったコトも含め、技術面、メンタル面共にマダマダということを、また改めて思い知らされた今年のチャオイタリアでありました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 予選車載映像

Ciaoitalia20172
先週末行われた「チャオイタリア2017」クラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)
2年前の同じ「チャオイタリア2015」以来、久々のサラタイヤをフンパツして臨む朝イチの予選は、絶好のドライ路面に恵まれたこともあり、目指せ自己ベスト更新!あわよくば1分32秒台!!・・・と勢い込んでのコースイン。さらにはそのアウトラップ直後、1周目の手元計測が1分33秒1とくれば、「こりゃ今日はイケそうダ・・・!」と喜んだのも束の間、その後の続く周回では、はやる気持ちを抑えきれず、折角のサラタイヤのグリップ力を、雑な運転の帳尻合わせで無駄遣いしてしまい、結局は1周目を上回るタイムを出せずに予選終了・・・。
それでも肝心の予選順位の方は、比較的クリアラップに恵まれたこともあり、ポールポジションをナントカ確保。
公式タイムは32秒台までもうあと一歩・・・の1分33秒047でアリマシタ・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP1  1:56.27 
   2  1:33.10  ※BEST
   3  1:33.33  
   4  1:33.56
   5  1:34.22  
   6  1:34.07  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 お疲れ様でした!

Ciaoitalia2017
例年の10月末開催が、今年は10月アタマということで、28番車2017年シーズン後半戦の一発目となった年に一度のイタリア車のお祭り「チャオイタリア2017」、幸い絶好のお天気にも恵まれ一昨日無事終了、お疲れ様でしたー!!
今回の「イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、お陰様をもちまして「柳原メンテナンス1750GTV」、この日はゼッケン46の28番車(↑)・・・とはいえ、その内容は薄氷の勝利でアリマシテ、実は決勝レースの着順は「アルファロメオスパイダー」(↓)Mさんに続いての2番手フィニッシュ。「か~っ!!今年はヤラレタ~!!」・・・と悔しがっていたところ、レース後そのMさんがフライングのペナルティによる1周減算となり、思わぬカタチで大きなボタモチが転がり込んできたような次第・・・。
戦前の予想通り、決勝レースはスタート直後から一騎打ちの競り合いに終始した中、こちらも結構エゲつないブロックをしてしまったりしていただけに、「フライングしたらしゃあないわな~!まぁそれでも面白かったわ!!」とレース後にこやかにお声かけいただいたMさんには、救われる思いと共に本当に感謝。今後とも年来の天敵としてよろしくお手合わせのホド・・・。
また毎度毎度のことながら、運転手のワガママ勝手にも、忙しい中イヤな顔ひとつせず真摯に向きあっていただき、この日のために28番車の点検整備をしていただいた「柳原メンテナンス」おとーさん&Jr.にもモチロン感謝感謝の意を表しつつ、ラッキー極まりない経緯はともかく、また数多くの反省点については、とりあえず一旦は横に置いといて、まずは素直に望外のリザルトを喜びたく思う今日この頃。重ね重ねも本当にありがとうございました~!!
Spider2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2017 | Main | November 2017 »