« December 2017 | Main | May 2018 »

February 2018

この先も一歩づつ、一歩づつ・・・。

No28last
早いもので2018年も明けてもう2月の半ば過ぎ・・・。
昨年末の一念発起「JCCA参戦」に向けての道のりは、その昔一度は完全に諦めたほどのハードルの高さから、当初から覚悟はしていたものの、イザ取り掛かってみるとやはり長~く険しい旅路でありまして、現状はとにかく目の前の課題をひとつひとつクリアしていけば、自ずとナントカ道は開けていくハズ・・・との甚だ楽観的観測を信じて過ごす今日この頃。
そんな中、年末からずっと28番車が手元にない期間を寂しく過ごす運転手を気遣ってか、先日たまたま夕方早くに「柳原メンテンス」へお邪魔するや、「今やったらまだ開いてるはずやから、一緒に板金屋見にいこ!」と仰っていただいたおとーさんの有難い言葉に、ソソクサと軽トラの助手席に転がり込んで走ること十数分。8年ぶりにオーバーフェンダーを取り払われた28番車と久方ぶりのご対面(↑)。
今後も自作FRP製天井の鉄板化などいくつかの大作業をまだまだ残してはいるものの、懸案のフロントフェンダー復元もほぼ目途がつき、とにもかくにもココまではどうにか辿り着いた・・・と、ややこしい仕事を引き受けていただいた板金屋さんへの感謝とともに感慨もヒトシオ。
てなワケで、数々の紆余曲折を経つつも、自分なりに精一杯楽しみを模索し続けた末に行き着いた、オーバーフェンダー仕様の28番車については、とりあえずコレにて一区切り。今後はまた新たな展開に向け、相変わらずの七転八倒が続いていくのは必至ではありますが、2004年9月の開設以来、長きに渡りお付き合いいただいた当ブログにおきましても、同じくココで一旦の区切りとさせていただきたく思います。
またできれば近い将来(・・・にしたい!!)、ゼッケンナンバーは恐らくこれまでの28ではないですが、どこかのサーキットのパドックで新生(・・・というか見た目は1周回って逆戻りか?)28番車を見かけられた折には、よろしければ「お~!アイツなんとか頑張ってもう1回出てきよったな!!」てな具合でお声掛けいただければありがたく存じます。
ではまた。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | May 2018 »