Entries categorized "ALFA ROMEO"

ALFA ROMEO CHALLENGE 見学ツーリング

Okayamatouring
先日の春分の日、「アルファロメオチャレンジ2017関西開幕戦」のタイムアタッククラスに、いつも同じ「柳原メンテナンス」でお世話になっている仲間内お三方が参戦とのことで、丁度その日はランニングで加古川まで出張ってきていることもあり、走り終わった午後からは「RUN&RIDE」の延長戦、春の原チャツーリングがてら、さらに西へと岡山国際サーキットまで・・・。
自身2013年の最終戦を最後に、トンとご無沙汰してしまっている「アルファロメオチャレンジ関西」、久々に訪れた岡山国際サーキットのピットはいつもの和やかな雰囲気。特に今回はいつもの「よ~いドン!!」ではなく、フリー走行でのタイムアタック。我らが旧車ロメオチームも、シーズン最初の肩慣らしも兼ねての参加ということもあり、いつにも増してのリラックスムード。そんな中、今年より全面改修となった舗装路面の状況などもヒアリングしつつ、夕方の2本目を応援&観戦させていただいたような次第。皆さんそれぞれの三者三様、今後の課題も残しつつも、コレといったトラブルもなく、久々の岡山国際を気持ちよさそうに走っておられたのが印象的だった一日。
で、終わりの表彰式を横目でみながら、日没前に道に迷わぬエリアまでたどり着けるよう、失礼をばして一足先に家路へと・・・いやなんせヘッドライトがシャレにならんホド暗いモンで・・・。
Ymainteromeo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2017 スプリント開幕戦 筑波 決勝車載映像

Idlers20172
前回の予選に続き、先日の「アイドラーズゲームス2017スプリント開幕戦」Trad Makes/GT-Kクラス決勝車載映像。(↓)
予選は総合4番手、2列目アウト側グリッドからの「よ~いドン!!」。苦手のスタートでひとつ落としたポジション(「GT-Kクラス」チャンプてっちゃんさんのMAZDA AZ-1速え~!!因みにロメオのジュニアZにもお乗りとのこと。)を、次の1コーナー飛び込みでナントカ取り返してから、前を行く同じ「Trad Makes 2」クラスのワンツーを懸命に追うという展開。
前方で序盤戦の好バトルを展開するVWとSA22Cを見据えつつ、「オ~イ!待っちくり~っ!!ソコにワシも混ぜてちょ~っ!!」なんて心の中で叫んでみても、ラップタイム1分7秒台の競り合いに、肝心の追いかける側が8秒台のペースでは、ハナッからタタカイになるワケもなく、残念ながら中盤から後半戦にかけては総合4番手、クラス3位をポジションキープの一人旅にて無事完走という決勝12周回。
それでも折からの快晴の下、目一杯の全開走行でガンバる筑波サーキットでのレースの楽しみは、やはりナニゴトにも代えがたし・・・てなワケで、順位・タイムについては、とりあえずはマァ置いといて、まずはこの日一日ドコにもぶつからず、無傷で楽しくレースできたことに感謝感謝。また「も~っ!!先に2台でサッサと行ってもて~っ!!チョットは待ってくれてもヨロシイですやん!!ワザワザ大阪から来てますんやで~っ!!」なんてゴール後のパドックにて飛び出す冗談も、遠征用の余所行き顔の後から、ボチボチ出だした関西風味?
ま、この日のありあまる反省につきましては、帰路のトラック転がしながら、改めてジックリやっときマシタ・・・ということで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2017 スプリント開幕戦 筑波 予選車載映像

Idlers20171
先日の3月12日(日)、茨城県は筑波サーキットにて行われた「アイドラーズゲームス2017スプリント開幕戦」Trad Makes/GT-Kクラス混走による予選車載映像。(↓)
アイドラーズの予選時間は、経験値の少ない遠征組にはありがたいタップリ25分間ということで、まずは久しぶりの車輛の様子見も兼ね、余裕をもって入ったのが裏目に出たか、前半は一向にタイム出ず・・・。アカンアカン!!やっぱ慣れんコトするもんじゃないわ・・・とアセりつつ、1周のスロー走行を挟んでから、気持ちを入れなおしての予選後半から・・・。
前回の悪いイメージをとにかく頭から追い出して、「踏めるトコはチャンと踏む!!抑えるトコはしっかり抑える!!」を念頭に、懸命にタイムアタックを敢行するも、残念ながら結果は自己ベストには遠く及ばず、今回もエントラント中最多となった18ラップのラストから2周目に辛うじてヒネり出した1分8秒031がこの日のベストラップ。加齢による運転手の衰えを加味してみても、なお余りあるタイム落ちの原因は、マダマダ溝残ってるから・・・とタカをくくって履いてきた、2015年モノのSタイヤが、気持ちやや古かったか?
う~ん・・・気象条件は朝からバツグンだったんだけどね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠征先でのサプライズ。

Dankaisan
先日の「アイドラーズ・ゲームス2017開幕戦」開催中の筑波サーキットのパドックにて・・・。
朝イチの予選を終え、続く決勝に備えての待機中、思ってもみなかった意外な方のご訪問アリ。
「ひゃ~!!いやホンマ、わざわざすみませ~ん!!」てなことで、いつもは相方27番車JCCA参戦サポートでお世話になっている、日産フェアレディSP311でJCCA「S65クラス」参戦中の、彼の地お江戸の「チームDANKAI」主宰、DANKAIさんがご夫婦で観戦に見えられ、まぁビックリするやら、恐縮するやら・・・。
JCCA遠征時は、前夜の宴会も含め、いつも楽しい雰囲気で我ら関西モンも迎えていただいている「チームDANKAI」、耐久部門は日産ザウルスをもって、アイドラーズの12時間耐久に参戦されており、こちらの方でも大先輩という間柄。当日はそのザウルスのメカの方も見えられており、重ねましての多謝御礼。いつぞやの早朝、JCCAツクバのパドックで、ひとりテント設営に苦労していたところ、黙ってそっと手を貸していただいた、あの時のご親切はワスレマセン・・・。
てなワケで、そんなこんなの遠征先での嬉しいハプニング。その節は本当にありがとうございましたー!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2017 スプリント開幕戦 筑波 お疲れ様でした!

Fairladyz5
Vwfe2so4
Sa22c
春先の程よい寒さに、湿度低く、気圧高し・・・のキャブレター車には絶好のレース日和に恵まれた先週末の日曜日。茨城県は筑波サーキットにて行われた「アイドラーズゲームス2017」スプリント開幕戦、無事終了・・・・お疲れ様でしたー!!
今回の「TRAD MAKES/K」レースの総合優勝は、↑(最上段)の「フェアレディZ」のTさん。予選1分3秒307(!!)、決勝ベストラップ1分4秒583という驚異的なタイムを叩き出され、見事ブッチギリでのポールtoフィニッシュ、おめでとうございます。続く総合2番手は、お馴染みのラットなカブトムシ、「VW T-1 ビートル」@酸化鉄レーシングゆ~すけさん。この日も恐るべし、処刑エンジンパワー炸裂で堂々の「TM2T」クラス優勝、おめでとうございます。さらに総合第3位、「TM2T」クラス2番手は、NAペリフェラルポートフルチューンのロータリーパワー、そして何よりも3年ぶりのサラタイヤパワー炸裂のSA22C「サバンナRX7」Sさんと、ここまでが予選1分6秒、決勝1分7秒台。
で、続く総合4番手、カラくも「TM2T」クラス3位に滑り込んだのが「柳原メンテナンス1750GTV」28番車(↓)。
朝イチ折角の絶好のタイム出し日和を生かせず、予選は自己ベストにも遠く届かぬ1分8秒031。続く決勝でナントカ巻き返しを図るも、やはりラップタイムで1秒以上の差がつけば、それはもう論外・・・ということで、前を行くクラストップ2台からは10秒以上大きく水を開けられるも、どうにか無事完走の決勝12周回。
それでも前回、大雨の中での予選クラッシュに比べれば、好天の下、目一杯のレースを楽しめただけでも、シーズン初戦の遠征行としてはマズマズの及第点?!加えてアイドラーズ・ツクバも自身5回目の参加ということで、関西からのおのぼりさんを最早顔なじみのメンバーとして、温かく迎えていただける「TM/K」レースエントラントの皆様方にも重ねて感謝!!・・・の念を抱きつつ、また次回、何度やっても関東遠征費は本当にキツいけど、なんとかヤリクリして戻ってくるゾ・・・とココロに誓う、長~い帰路の深夜高速なのでアリマシタ・・・。
Idlers2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週末は「アイドラーズ・筑波」

Idlers20135
いよいよ今週末、3月12日(日)は茨城県・ツクバサーキットにて「アイドラーズ・ゲームス2017」スプリント開幕戦。
地元関西で一向にウダツのあがらぬ28番車の行き詰まり感を、少しでも打破するキッカケになれば・・・と一念発起で始めたツクバ単独遠征行も、早いもので今回で5度目の挑戦。その間、思わぬ好タイムに帰還後の報告を待ちきれず、一人嬉々としてサーキットの食堂から電話したこともあれば、最悪の事態に雨の中、途方に暮れて立ちすくみ、その後延々と続く帰路の高速道路を、呆然自失で眺めつつ積載車のハンドルを握り続けたのが前回のコト・・・。
その時負った古傷を、僅かにリアフェンダーに残した(↓)のは、ひとえに予算の都合上・・・。で、気になる明後日、日曜日の茨城県つくば地方のお天気は、現状の予報によれば「曇り時々晴れ」降水確率30%。どうか当日は良いお天気に恵まれますよう・・・。そんでもって今度こそは楽しいレースでありますよう・・・無事に帰ってこれますよう・・・。
Rearfender5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「グランドスラム豊中」閉店!?

Grandslam3
「え~っ!?マジで?!ソレは困る~!!!」
なんて叫んでみたところで、どうなるモンでも無し・・・。28番車のタイヤでは古くは「A048」時代からもうずぅ~っとお世話になってきたタイヤ屋さん「グランドスラム豊中」が、残念なことに今月末をもって閉店とのこと。「なんで?!いっつも忙しそうにしてたやん?!」との思いは、他の常連のお客さんにしても同じだったようで、それでも商売の世界、ドコにしたって色々事情というモンがあるっちゅうコトですよね・・・。
思えばもう10年以上、ロクに新品買わんクセに、ビードの固~いSタイヤをやれホイールから外せだの、裏返して組んでくれだの、売上に貢献もせんヤヤコシイ注文ばかりする困った客にも、嫌な顔ひとつせず迅速・確実に対応していただいたスタッフの皆様方には本当に感謝の言葉もありません・・・其々また新たな環境でのより一層のご活躍を祈念しつつ・・・。
さぁこれから一体ドコでタイヤ調達するよ?!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セントラルサーキットにて試運転

Centralpit8
このシーズンオフを利用して、少しでもラップタイム向上のキッカケになれば・・・と、運転手自ら手を出してみたキャブレターセッティングは、結果としては絵にかいたような「下手の考え、休むに似たり」・・・どころか、結局はムダになってしまった買物を繰り返したり、挙句の果てには慣れぬシロウト作業で、虎の子のキャブをブッ壊してしまったりと散々なテイタラク・・・。
で、結局泣きつく先はいつもお世話になりまくっている「柳原メンテナンス」という毎度のパターンで、今シーズン開幕戦を目の前にして、キャブレターの応急修理に加え、どうにかこうにかベースになるセットを出していただいた上で、当面は街乗りでの使い勝手は後回し、まずはサーキットでチャンと走るようにせねば・・・と昨日の日曜日は、地元セントラルサーキットまで出張ってきての試運転。
とはいえ1枠30分の練習走行では試せることも限られているため、サーキットまでの高速道路区間も利用しながら、決め打ちで最低限無難な方向性を出しておき、それを基準に現地ではガラガラの走行枠をコレ幸いと、空燃比計とニラメッコで2、3周回してはピットに戻って飛び降りて、ヘルメット・スーツ姿のままジェット交換してからまた出ていくの繰り返し・・・。で、手元計測ながらどうにか自己ベストやや落ちくらいまでヒネリ出したところで時間切れ。
てな具合で、ベストな状態からはまだまだホド遠いながらも、とりあえず次のアイドラーズはナントカ走れそうな目処が立ったことにホッと一息。ただツイツイ頭に浮かんでしまう「コレやったら最初からナンもせんかった方がよっぽどマシだったのでは・・・」との思いを必死に振り払いつつ、また相変わらずのガバゲベボゴボゴ!!・・・ガッコンガッコン・・・で、ヨロヨロと家路につくのでアリマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイドラーズゲームス2017 スプリント開幕戦にエントリー

Idlersbag
来る3月12日(日)、茨城県は筑波サーキットにて開催の「Idlers Games 2017series」スプリント開幕戦にエントリー。
今年は年初恒例の「還暦レース大会」が、岡山国際サーキット路面改修工事のため開催されなかったため、いきなりの長躯関東遠征が開幕戦となる28番車の2017年シーズン。生憎オフのバタバタで、車輛の方はいまだ暫定仕様でのブッツケ本番・・・とはいえ、明日をも知れぬ窓際サラリーマンレーサー、走れるうちに走っとかんと・・・の意を強くする今日この頃。さらに願わくば、前回遠征時の悪いイメージを、この開幕戦でナントカ払拭できればと・・・。
ツクバの神様、どうか当日はよいお天気を・・・今度こそは無事完走!!ドコにもブツけずに帰ってくるゾ~ッ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

圏央道(境古河IC-つくば中央IC)開通!!

Transporter
いよいよ今月末の2月26日(日)から・・・ということで、我らコテコテの関西人にとっては日頃マッタク縁遠い茨城県の高速道路情報も、この開通で筑波サーキットへの最寄出口が「境古河IC」から「坂東IC」となり、より近く便利になると聞けば、その遠く関西からエッチラオッチラ遠征にやってくる身にとっては、コレは聞き逃せまへん。
思えば当時はマサカ自分でも走るとは考えもしなかった、相方27番車のJCCAツクバ遠征に帯同し始めた頃は、圏央道どころか新東名すらカゲもカタチもなかったワケで、常磐道・谷和原ICから筑波サーキットに向かうR294の道すがら、当時はまだ道端にポツンと立ってただけのコンクリート製の橋桁を眺めつつ・・・。
「オイ圏央道ができたらココに繋がるんやろ?帰りの渋滞とか心配なくなるんかな~?」
「そら大分マシになるんちゃか?・・・まぁでもオレらが生きてる間は無理やろ!?ギャハハハ・・・!!」
なんて地元感覚で笑ってたら、生きてる間どころか、それから6年半ほどで東名・海老名JCTからぐる~っと都心を迂回してツクバのそばまで繋がっちゃったという、まぁ首都圏のインフラ構築の早いコト早いコト・・・。こちとら地元レースの帰りは十年一日のごとく中国道上り宝塚西トンネルから延々連なる渋滞にハマり続けている身の上だけに、そらもう驚いたのナンのって・・・。
ただ便利になった分、それだけ高速代にシッカリ跳ね返ってくるのはトーゼンの帰結なワケで、実際に帰路は坂東ICから乗るか、それとも従来通り少しでも節約コースで境古河ICまで行くかは、こりゃまたその時々の判断というコトで・・・ナンじゃソリャ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧