Entries categorized "Alfa Romeo 145"

チームステッカー

Alfa145ts5
先日の「アルファロメオチャレンジ関西最終戦」前夜の「柳原メンテナンス」にて、サーキットに向け出発前の最後の仕上げということで、翌日28番車が乗せていただくアルファロメオ145のリアウィンドウに貼り付けていただいたチームステッカーは、以前「耐久ジュリエッタ」でもカッティングシート施工でお世話になった「d-tech tanaka」さんお手製による一品モノ。
図案化されたアルファロメオのエンブレムと四葉のクローバーのマークの間に、絶妙のバランスで配されたこれまたアルファロメオの書体をうまくモチーフにしたチームロゴがなんともいい雰囲気。お手製ステッカー製作といえば自身決してキライな方ではないものの、生憎この辺りの「センス」というヤツを全く持ち合わせない28番車にしてみれば、「お~っ!カッコええですやんコレ!」なんてタダタダ感心するばかりなのでアリマシタ・・・。
Logoletter

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.4 決勝車載映像

Alfa145ts4
先日の「アルファロメオチャレンジ関西2010最終戦」、↑のアルファ145で出走した決勝第1ヒートのスタートからタイヤバーストによるリタイヤまでの車載映像(↓)。
今回は前方遥か彼方にスタートシグナルを望む14列目、27番グリッドからのスタートとなった28番車。予選終了間際から感じていたステアリングに伝わる振動は、後のタイヤバーストの前兆だったとはこの時点では露知らず・・・正に知らんということはオソロシイことです・・・。それでも左前輪をバーストさせながらかろうじてコース内に踏みとどまれたのは、一重にバーストした現場がタマタマ速度が一番落ちるストレートエンドのヘアピンコーナー上だったこと、そして強力なLSD装備のMR200仕様だったことも不幸中の幸い。せめてこの貴重な経験を今後の糧といたしたく・・・。
それにしてもまぁブレーキは余らせるワ、シフトは入れ間違えるワ、その他モロモロ・・・「イマイチな運転手が慣れないFFに乗るとこうなる。」という見本のような車載動画となってシマイマシタ・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2010関西Rd.4 お疲れ様でした。

Alfa145ts3
朝イチから終日快晴という絶好のサーキット日和に恵まれた「アルファロメオチャレンジ関西2010第4戦」は、一昨日無事・・・じゃなかったけど終了。お疲れ様でしたー!!
今回「アルファロメオ145」で参加の28番車は、予選出走30台中の27番手、決勝は左フロントタイヤのバースト(↓)にてリタイヤという散々な結果・・・。思い返せば、前日乗りこみで準備中のピットにて誤って転倒、左足甲の捻挫に始まり、予選ではオイルフィルター取付部のクーラント循環口からの水漏れと、出だしから良くない流れでバタバタ続きだった28番車のロメオチャレンジ最終戦。トドメは決勝第1ヒート開始早々の裏ストレートエンドにて・・・・ドボン。「これもまたレース」とはいうものの、その節は周りを走っておられた皆様方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました・・・スミマセン。
また当日パドック内をヒョコヒョコと変な歩き方でうろつく28番車に半ば呆れつつも「大丈夫?」とお声をかけていただいたた皆様方におかれましては、おかげ様で足の甲部分のみの捻挫ということで、肝心の145はモチロンのこと、帰りの積載車及び自転車の運転もほぼ支障なく、ナントカ無事帰宅することができました。この場を借りましてお気遣い御礼申し上げますデス・・・はい。
A0482004

| | Comments (9) | TrackBack (0)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.4

Alfa145ts2
いよいよ明日、11月3日(祝)は岡山国際サーキットにて「アルファロメオチャレンジ関西2010」の最終戦。
今回は諸般の事情で28番車での出走は叶わず、同じアルファロメオでもグッと新しめ(でも無いか?!)の「柳原メンテナンス」さんちの145での参加ということで、先週末は準備のために工場まで・・・とはいっても自分にできることといえば、当日ピットに持込む荷物の積込みに、28番車からのラップショットビデオカメラ取付台の移植作業を済ませれば、後は洗車のお手伝いくらいなモンで・・・。
そんなワケで参加カテゴリーも今回はいつもと違う「MR200」クラス。ところがこの排気量2リッタークラスのFFアルファロメオの改造車両による「MR200」が、主催者発表のエントリーリストによるとナント参加総数11台(!)という今回の最激戦区・・・慣れないFF初心者がこんなトコで走ってしまってもイイノダロウカ・・・?なんて不安も交えつつ、気になる明日の岡山県北部地方のお天気は、今のところ「晴れ時々曇り」降水確率10%・・・どうかこのまま、コノママで・・・。
今度ばかりは正真正銘、ホントにホントの「出たトコ勝負」。先ずは完走!!願わくばナントカ最後尾集団に少しでもカラめれば・・・なんてのは捕らぬタヌキのナントヤラ。ともかく明日も晴れの良い天気の下、無事に楽しくレースを終えられますように!!
Lapshot3

| | Comments (8) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.4にエントリー

Alfa145ts
来る11月3日(祝)、岡山国際サーキットにて開催の「アルファロメオチャレンジ関西2010」最終戦にエントリー・・・ただし今回の参加車輌は、毎度お世話になっております「柳原メンテナンス」さんちの「アルファロメオ145」(↑)にて。
いつもの28番車は前戦「チャオイタリア」での不慮のトラブルで痛めてしまい、交換を余儀なくされたブレーキローターの発注が間に合わず、さりとてシーズン後半戦も真っ只中のこの時期、このまま大好きな岡山国際サーキットを走らずして今年度のオフを迎えてしまうのもあまりにもサビシイということで、「乗りたいんやったら、出すだけは出してあげるよ。」との「柳原メンテナンス」おとーさんのご好意に甘えてしまったような次第。
てなワケで、参加カテゴリーはいつものヒストリッククラスではなく、軽量級FFアルファ使いの猛者がひしめく「MR200」クラス。当日はその激戦区の末席に約1名、「参加することに意義がある」仕様の慣れない新参者がお邪魔をばさせていただきますが、どうかひとつよろしくお願い致しますデスはい・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

145に乗ってみて・・・

Alfa1451
昨年末のラストラーダ走行会で久々に運転させていただいたアルファロメオ145(↑)。生憎のトラブルで満足いく走りはできなかったものの、そんな中でも実際に乗ってみて改めて気づいたコトなど・・・。
まず乗り始めてすぐに感じるのは、ステアリングやペダル類といった操作系の軽さ。普段はノンパワステ・ノンサーボの28番車で慣れているせいか、とにかく運転がラク・・・ところがそのラクさを「コレやったらどないでもなるやん!」なんて勘違いしてしまうと運転は雑になるどころか即メタメタに・・・。それでなくても普段のチカラの入れ具合だと、145の場合操作入力が全てオーバーシュート気味になってしまいがち。ペダル操作にしろ舵角の入れ具合にしろ、チカラの要らない分とにかく意識して丁寧に丁寧にいかないと、手応えが軽いだけに路面からの情報もイマイチ感じ取れまへん。
加えて28番車に比べてかなりアップライトに座るシートポジションのおかげで前方視界は抜群。ただコレも注意しておかないと、どうしても視界が広い分、それだけ視線が手前へ手前へと寄ってしまいがち・・・ふと気がつくと必死で目の前のクリッピングを睨みつけてたりして・・・イカンイカン。
でもそんな普段との勝手の違いはあるにせよ、慣れてしまえば「ノンスリ・クロスミッション・ファイナルギア」という「お約束3点セット」組込済の145での岡山国際サーキットランは「とにかく楽しい!!!」の一言。なんて言うか28番車とはまた一味違った「操る楽しさ」というか・・・28番車だとヴェローチェの着ぐるみの中でそれこそ夢中で汗まみれになって走っている感覚。ソレが145だと糸でぶら下がった操り人形を割と醒めた目で上から指先で動かしてやるような感じ?・・・なのデス。
我ながらイマイチ伝わらん表現ダ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ラストラーダカップ2009第4戦 お疲れ様でした。

Alfa145
厳しい冷え込みに見舞われつつも空はカラリと晴れ渡るという、絶好のサーキット日和に恵まれた昨日のラストラーダ走行会。
先ずは一度とりあえず転がしてみるということで持ち込んだアルファロメオ145は、やはりここ数年ずっと動いていなかったことが祟ったか、朝イチ走りだし早々からのブレーキのジャダー、さらにその後のエンジン不調も重なり、残念ながらフリー走行2本目の途中にてリタイヤ。コレ一重に年末の忙しい時期にもかかわらず、無理をいって145を借り出してきた自分のアサハカさが招いた結果ということで、ある程度のトラブルは事前に見越した上で「それやったら今回は積載車を借りて行きなさい。」との助言を添えて送り出してくれた「柳原メンテナンス」おとーさんのありがたさが身に染むサーキットからの帰り道。
やはり生半可な気持ちだと、その分後でしっかりしっぺ返しを喰うというコトであります・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

La Strada Cup 2009 Rd.4 にエントリー

来る12月28日(月)、岡山国際サーキットにて開催の「ラストラーダカップ2009第4戦」にエントリー。
コチラの走行会の特徴はフリー走行、タイムアタックに模擬レースと30分×4本で合計2時間ガッツリ走りこめるというところ。年末も押し迫ったこの時期、そないなハードな走行会に敢えて休みを取ってまで走りに行くというのには、実は少しダケ考えがあってのコト・・・ということで、今回サーキットへ持ち込むのは「柳原メンテナンス」さんちのアルファロメオ145。
ただよく考えてみれば「年末のド平日にサーキット」という我が家では神をも畏れぬ暴挙にも当たる今回の行為は、当然のことながらウチの山のカミの逆鱗に触れるワケで、「仕事ならまだしも、冬休みの子供を放っぽらかしてオドレだけ遊びに行くんかいや!エエ加減にせよ!コラ!!」との至極真っ当なお叱りをいただいたような次第。
寒波襲来のこの時期、家の中にも寒風が吹きすさぶ今日この頃でアリマス・・・。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ユーロカップ3時間耐久1週間前(その2)

Taikyu145
ユーロカップ3時間耐久1週間前の先週の土曜日、今回耐久ジュリエッタ初搭乗となるゲストドラRさんが、シート合わせとご自身専用「巨大ルームミラー」装着のため「柳原メンテナンス」にご来訪。早速運転席に座っていただいたところ、小柄な女性ということで心配されていたポジションも、座席を目一杯前に出せば問題無しということで、わざわざ持参していただいた座布団を使用することもなくアッサリ解決。「全然大丈夫でしたねぇ・・・ヨカッタヨカッタ」なんて話していたら、「そしたらついでにソッチの145(↑)にも座っといて~」との柳原メンテナンス御大の一言。ではお言葉に甘えまして・・・ということで、来シーズンより久々の復活、「京都・大阪・島根三都物語 耐久奥様三羽烏チーム(仮称)」にて参戦予定のアルファロメオ145の運転席にもお座りいただく。「ねぇねぇ145ってナニ?」とRさん・・・だから今アナタが座ってるヤツだって・・・・。
その後は奥の事務所(↓)にて皆で前回参戦時の車載映像鑑賞大会・・・で改めて見たドラ交代シーンでのピットクルーとドライバーの会話・・・
「タイヤどう?大丈夫?!」
「大丈夫!!丸うて黒いのがちゃんと付いてる!」
・・・・どないなチームやねんウチは・・・・
Yanagiharamaintenance

| | Comments (3) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2008 Rd.2

Eurocup200705
明日5月25日(日)はセントラルサーキットにてユーロカップ2008・・・なれど諸般の事情にて今回は応援&見学のみ。
主催者発表のエントリーリストによると「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」のエントリー数は前回の開幕戦よりさらに増え、ついに30の大台に後一歩の総勢29台という大盛況。いつもの超常連の方々はもとより、少々のブランクなどモノともせず、それぞれのペースで息長くレースと付き合っておられるベテラン勢も数多いヒストリックカーレーサーズの底力を改めて見せられた思い・・・てなワケで今回の「お久しぶりッス!」はミニワンメイクの常連でユーロクラシックには初参戦となる「AMS1275GT」のMムラのおやっさん。パドックでお会いする度に「何してんのっ!はよクラシックおいでや!!」なんてケシカケていた自分が今回はこのテイタラクでマコトにお恥ずかしい限り・・・。さらに我らがロメオ勢からは4年前の大復活を遂げられた「アルファロメオ1750GTV」のTさんもユーロクラシックは初参戦ということでこちらも「お久しぶりッス!」。
そしてクラシックカーレース以外のアルファロメオではフリー走行の「エキサイティング・ラン」で参加の「CAFE UNO」常連「d-tech tanaka」さん駆るアルファロメオ145(↓)。一見全塗装をかけたかのような鮮やかなホワイトのボディカラーは、実はナント驚きの見事なカッティングシート仕上。エントリー車名「屋外耐候3年 アルファ145」なる所以でありましょう。こちらも明日はガンバッテね!!
Dtech145

| | Comments (0) | TrackBack (0)