Entries categorized "Alfa Romeo Challenge 2010"

2010年 28番車の○と×&全リザルト

Result2010
年末恒例、28番車の「今年の○×」と「全リザルト」、例年通り30、31の2日に分けてのアップのつもりが、相変わらずのバタバタで今回はギリギリ大晦日までズレ込んでシマッタ・・・・てなワケで、朝方来のキビシイ二日酔いの洗礼にもメゲず、駆け足で本年度の○×から・・・


参加全戦ドライ路面にて無事完走
リーマンおやじ草レーサー、何をおいても「無事に走って無事帰る」コレに勝るヨロコビ無し。おまけに今年はナント参加した全戦においてドライ路面の好天に恵まれるという稀有な一年・・・ドコのダレかは存じませんが、今年一年さぞや行いの良かったでありましょう「晴れ男(女?)エントラント」の存在に大感謝。どうか来年も引き続きましてのご加護のホド・・・。

×
スタートラインにたどり着けずの後半戦
リーマンおやじ草レーサー、先ずはグリッドに並べるまでが大仕事・・・という事実が改めて身にしみたシーズン後半戦。絶好のレース日和、パドックで一人指をくわえて傍観する身のサビシサよ。四の五の御託を並べるより、やっぱレースは走ってナンボですなぁ・・・。

てな具合で暮れ往く2010年も残りあと数時間・・・甚だ拙い内容にもかかわらず、今年も暖かい目をもって当ブログにお付き合いいただきました皆様方におかれましては本当にありがとうございました。来年もまたひとつ今までと変わらぬご愛顧をお願いしつつ、大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にて2010年のシメとさせていただきたく・・・。
では皆様どうかよいお年をお迎えください!!

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2010年3月14日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(4) 1’36.185  決勝1位(3) BT 1’36.003

アルファロメオチャレンジ2010関西 第2戦
2010年5月16日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(2) 1’54.639  決勝1位(3) BT 1’55.923

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第2戦
2010年5月30日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(3) 1’38.255  決勝2位(2) BT 1’36.710(FL)

アルファロメオチャレンジ2010関西 第3戦
2010年7月25日 岡山国際サーキット(ドライ)
第1ヒート
HSRクラス 予選1位(14) 1’56.142  決勝1位(16) BT 1’56.377
第2ヒート
HSRクラス 予選1位(16) 1’56.377  決勝1位(19) BT 1’58.150

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2010年9月19日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選PP 1’34.931  決勝1位(2) BT 1’35.729

チャオ・イタリア2010 クラシックカーチャピオンレース
2010年10月17日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.931  決勝1位 BT 1’36.151

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今年もささやかなご褒美

Champsticker2010
今年も早いものでもう12月・・・ということで、年末恒例「アルファロメオチャレンジ全国統一戦」の案内が届く。
毎年各地区持ち回り開催のARC全国戦、今年は地元関西から遠く離れた富士スピードウェイ開催にもかかわらず、自身今シーズン終盤戦は全くの不完全燃焼だったこともあり、「最後に一発!遠征イッたろか!?」なんてその場の勢いのみで一度は参戦を画策してみたものの、冷静に現状を鑑みれば、その前にまずは目前の問題をキチンと解決しておくコトが何よりも先決なワケで、結局今年最後のサーキット行は地元セントラルでの試運転を2010年の走り納めといたしたく・・・。
ちなみに↑は昨年に続き、今年も同封していただいた「アルファチャレンジ事務局」からのささやかなご褒美。・・・・とか言いつつ、栄えある「シリーズチャンプ」のステッカーも、ここ最近減少の一途をたどる我らアルチャレ旧車組にとっては、多分に「皆勤賞」的な意味合いを含んでいるというのが偽らざる実情・・・。でもそれだって「細~く、永~く、アキラメ悪~く」がモットーの28番車にとってはある意味「らしい」いい記念。今年もありがたく頂戴をばイタシマス・・・。
28arc20101

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.4 決勝車載映像

Alfa145ts4
先日の「アルファロメオチャレンジ関西2010最終戦」、↑のアルファ145で出走した決勝第1ヒートのスタートからタイヤバーストによるリタイヤまでの車載映像(↓)。
今回は前方遥か彼方にスタートシグナルを望む14列目、27番グリッドからのスタートとなった28番車。予選終了間際から感じていたステアリングに伝わる振動は、後のタイヤバーストの前兆だったとはこの時点では露知らず・・・正に知らんということはオソロシイことです・・・。それでも左前輪をバーストさせながらかろうじてコース内に踏みとどまれたのは、一重にバーストした現場がタマタマ速度が一番落ちるストレートエンドのヘアピンコーナー上だったこと、そして強力なLSD装備のMR200仕様だったことも不幸中の幸い。せめてこの貴重な経験を今後の糧といたしたく・・・。
それにしてもまぁブレーキは余らせるワ、シフトは入れ間違えるワ、その他モロモロ・・・「イマイチな運転手が慣れないFFに乗るとこうなる。」という見本のような車載動画となってシマイマシタ・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ヒストリッククラス、少数ながらいまだ健在ナリ。

Arc2010rd4
先日の「アルファロメオチャレンジ関西2010最終戦」では参加総数僅か4台と、台数面では昔日の面影無しといった感の旧車ロメオによるヒストリッククラス。ところがドッコイ!ヒストリックカーレーサーならではともいえる、その根強い存在感はマダマダ衰えを知らず、少ないながらも少数精鋭、それぞれの面々が現行のFFアルファを相手に回しての堂々の大健闘。そんな中、今回アルファロメオチャレンジ初参戦となる↓の島根県斐川町「ワークショップ イモッツェ」主宰Sさん駆る「imozze1750GTV」は、岡山国際サーキット走行2回目にして早くもラップタイム2分フラットを叩き出されたとのことで、コレハ只者デハナイ予感・・・。
因みにこの白の1750GTV、以前は白31番車として我ら仲間内でもお馴染みの車輌。手放される時は万感の思いで見送られたであろう前オーナーさんにおかれましても所謂このテの車輌、やはり「乗れる」オーナーの下での活躍がその後の何よりの朗報ではないかと・・かように考える次第であります。
Imozze1750gtv

| | Comments (4) | TrackBack (0)

祝!岡山国際サーキット2分切り(その2)

29arc2010
我ら岡山国際サーキットを走るヴェローチェ乗りにとっては、遅かれ早かれいずれは越えねばならぬ「2分の壁」。そのラップタイム2分切りを、先日の「アルファロメオチャレンジ関西2010最終戦」にて見事達成されたのが、仲間内の「29番車」。岡山国際サーキット「Under120sec.Club」へようこそいらっしゃいませ~。
とはいいながら、地元セントラルサーキットでは既に1分38秒台のラップタイムを叩き出している関係上、「岡山国際2分フラット=セントラル1分40秒」が学会での定説となって久しい昨今、29番車の岡山国際2分切りは最早時間の問題・・・といったところが、我々「柳原メンテナンス週末おしゃべりーズ」の中での専らの見解。それでも念には念を入れ、タイム出しには絶好のこの時期、車輌セッティングにも万全を期しつつ満を持しての岡山国際アタックということで、イザ走り出してみればそんな壁なぞ最初っから無かったかのごとく一足飛びに1分58秒台に飛び込んでくる・・・っちゅうところが、サスガに仲間内でも段取り上手の「策士」で鳴らす29番車・・・ね?この1分ナントカっていう響きがナントモよぉござんすでしょ?!なんて軽口を叩き合うも、自分の知る限りで振り返れば、ここ何戦かの「アルファロメオチャレンジ関西」に加え、地元セントラルサーキット開催の「ユーロカップ」では発足当初からほぼフルエントリーに近い抜群の出走&完走率で、その毎レースごとに研鑽を積み重ねてきたここ数年の29番車。
地道な努力はやっぱり報われるのデス・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ2010関西Rd.4 お疲れ様でした。

Alfa145ts3
朝イチから終日快晴という絶好のサーキット日和に恵まれた「アルファロメオチャレンジ関西2010第4戦」は、一昨日無事・・・じゃなかったけど終了。お疲れ様でしたー!!
今回「アルファロメオ145」で参加の28番車は、予選出走30台中の27番手、決勝は左フロントタイヤのバースト(↓)にてリタイヤという散々な結果・・・。思い返せば、前日乗りこみで準備中のピットにて誤って転倒、左足甲の捻挫に始まり、予選ではオイルフィルター取付部のクーラント循環口からの水漏れと、出だしから良くない流れでバタバタ続きだった28番車のロメオチャレンジ最終戦。トドメは決勝第1ヒート開始早々の裏ストレートエンドにて・・・・ドボン。「これもまたレース」とはいうものの、その節は周りを走っておられた皆様方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました・・・スミマセン。
また当日パドック内をヒョコヒョコと変な歩き方でうろつく28番車に半ば呆れつつも「大丈夫?」とお声をかけていただいたた皆様方におかれましては、おかげ様で足の甲部分のみの捻挫ということで、肝心の145はモチロンのこと、帰りの積載車及び自転車の運転もほぼ支障なく、ナントカ無事帰宅することができました。この場を借りましてお気遣い御礼申し上げますデス・・・はい。
A0482004

| | Comments (9) | TrackBack (0)

明日はアルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.4

Alfa145ts2
いよいよ明日、11月3日(祝)は岡山国際サーキットにて「アルファロメオチャレンジ関西2010」の最終戦。
今回は諸般の事情で28番車での出走は叶わず、同じアルファロメオでもグッと新しめ(でも無いか?!)の「柳原メンテナンス」さんちの145での参加ということで、先週末は準備のために工場まで・・・とはいっても自分にできることといえば、当日ピットに持込む荷物の積込みに、28番車からのラップショットビデオカメラ取付台の移植作業を済ませれば、後は洗車のお手伝いくらいなモンで・・・。
そんなワケで参加カテゴリーも今回はいつもと違う「MR200」クラス。ところがこの排気量2リッタークラスのFFアルファロメオの改造車両による「MR200」が、主催者発表のエントリーリストによるとナント参加総数11台(!)という今回の最激戦区・・・慣れないFF初心者がこんなトコで走ってしまってもイイノダロウカ・・・?なんて不安も交えつつ、気になる明日の岡山県北部地方のお天気は、今のところ「晴れ時々曇り」降水確率10%・・・どうかこのまま、コノママで・・・。
今度ばかりは正真正銘、ホントにホントの「出たトコ勝負」。先ずは完走!!願わくばナントカ最後尾集団に少しでもカラめれば・・・なんてのは捕らぬタヌキのナントヤラ。ともかく明日も晴れの良い天気の下、無事に楽しくレースを終えられますように!!
Lapshot3

| | Comments (8) | TrackBack (0)

アルファロメオチャレンジ関西2010 Rd.4にエントリー

Alfa145ts
来る11月3日(祝)、岡山国際サーキットにて開催の「アルファロメオチャレンジ関西2010」最終戦にエントリー・・・ただし今回の参加車輌は、毎度お世話になっております「柳原メンテナンス」さんちの「アルファロメオ145」(↑)にて。
いつもの28番車は前戦「チャオイタリア」での不慮のトラブルで痛めてしまい、交換を余儀なくされたブレーキローターの発注が間に合わず、さりとてシーズン後半戦も真っ只中のこの時期、このまま大好きな岡山国際サーキットを走らずして今年度のオフを迎えてしまうのもあまりにもサビシイということで、「乗りたいんやったら、出すだけは出してあげるよ。」との「柳原メンテナンス」おとーさんのご好意に甘えてしまったような次第。
てなワケで、参加カテゴリーはいつものヒストリッククラスではなく、軽量級FFアルファ使いの猛者がひしめく「MR200」クラス。当日はその激戦区の末席に約1名、「参加することに意義がある」仕様の慣れない新参者がお邪魔をばさせていただきますが、どうかひとつよろしくお願い致しますデスはい・・・。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.3 決勝車載映像(その3)


さらに続きますアルファロメオチャレンジ2010関西第3戦「レースB」の車載映像、その3は決勝第1ヒートのラスト2周(↑)。
相変わらず水温計とニラメッコでのガマンの走行が続く28番車、正直なところレース前は「この暑さの中での全開走行なら、快適装備満載の現行車輌の方が熱対策は厳しいハズ・・・」なんてタカをくくっていたのが、よくよく考えてみれば普段の「レースB」とは違い、この日自分の前後を走っておられるほとんどの方々が、エアコン・内装無しの「MRクラス」だったコトに今更ハタと気付いたりして・・・。ただそんな中、第1ヒート終了間際になっておもむろに前方に見えてきたのが、いつもの「レースB」混走メンバーでお馴染みのETCC・SS300クラス「BASIS GOLF5 GTI」(↓)のBASISさん。
「うっしっしっしっ・・・そうかそうか我が同志よ。エアコン・過給機付きにこの暑さはさぞキビシかろ~のぉ・・・さぁさコッチの方へおいでおいで~」てな具合で、既に暑さでヘロヘロ状態の我が身になぞらえ「邪悪の念」を後方から送ってみたものの当然のコトながら通じるワケもなく、決勝第1ヒートはそのままの順位でナントカ無事終了・・・。
いやはや久々にしんどいレースでありマシタ・・・。
Basisgolf5

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アルファチャレンジ関西2010Rd.3 決勝車載映像(その2)


昨日に続いてのアルファロメオチャレンジ2010関西第3戦「レースB」決勝第1ヒートの車載映像、その2は中盤3周目の入りから4周目にかけて(↑)。
猛暑の中、スタートから2周を終えた段階で早くも水温は90℃を超えてしまい、3周目からは裏ストレートの5速に加え、さらに便所裏のショートストレートでも4速までシフトアップ・・・・してみたところで水温にさして変化なく、堪らず4周目からはメインストレートでも早々と5速へ・・・さらに続く2コーナーを4速で進入し、次のモスSの下りで5速に放り込んだところでようやく水温計の表示が90℃をやや下回るという苦しい展開。
それでも「この暑さに苦しんでいるのはゼッタイに自分だけじゃないはず!!」とナントカ自らを奮い立たせ、前を行く「五十路パワー145ユニコルセ」(↓)Iさんに懸命に追いすがろうとしたものの、「できれば最後の勝負ドコロに備えて、もう少しダケ水温を下げておきたい・・・」なんてツイ出た欲目から、ダブルヘアピンの2個目で3速に入れてしまったのが運の尽き・・・。サスガにこの坂は3速では登らず、バラバラバラ・・・とあえなく失速してしまった時点で万事休す。
我が「四十路パワー」、残念ながらチカラ及ばずでゴザイマシタ・・・・。
Isoji145

| | Comments (0) | TrackBack (0)