Entries categorized "車載動画"

28番車の車窓から・・・。

Okayamakokusai5
ここ数年来28番車の車載動画は、このテの撮影のド定番「GO-PRO」のHERO3を使用中。
で、通常撮影したデータは一旦自宅PCに落とし込み、走行シーン以外の不要な部分を編集削除したものをYouTubeにアップすれば、編集前の元データについてはローカルディスクの空き容量確保のため、速やかに削除・・・していたハズの今日この頃。
にもかかわらず、ここ最近やたらCドライブの容量がひっ迫してきており、よくよく調べてみたところ、思わぬところに過去の車載動画データが大量に残っているのを発見。「やれやれコレが原因やったか・・・。」とゴミ箱に放り込む前に一思案。折角タマタマ残っていた動画データ、削除してしまう前にナンかできんモンかと考えて、こしらえてみたのが↓の動画。
お気に入りの音楽に合わせ、普段なら削除してしまうパドック風景や遠征先での大失態シーンなども交えつつ、ランダムに走行動画を繋いでみただけの極私的28番車「想い出のアルバム」。
よろしければ、ご笑覧のホド・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

第20回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像

Minijack20172
前回の予選に続き、先日の「第20回ミニジャック」ヒストリックカーレースの決勝車載映像(↓)。
予選2番手、1列目イン側のダミーグリッドから、1周のフォーメーションラップを経ての決勝スタートは、元々スタート下手とはいいながらも、それでも近年マレにみるホドの大、大、大失敗・・・イヤもう言い訳は申しますまい・・・。
てなワケで、オープニングラップの1コーナー進入時点でいきなりの5位転落、超スプリント8周のレースでコレは致命傷・・・という現実を咄嗟に肝に銘じつつ、慌てて挽回したくなる気持ちをグッと堪えて2コーナー。タイヤがまだ温もっていないココで焦って無理してしまったがために多重クラッシュ・・・というのはよくある話。前でスタートはミスるは、直後に後方からブツかるわ・・・では前を行く段付きの白猫#35さん、ロータスエランのMさんのお二人には後日全く申し開きのたたない事態に陥るため、まずは一旦後方に退き、しかる後に改めて捲土重来を期す作戦。
その後はこの日の持ちタイムの差を利して、ナントカ3番手まで挽回し、さらに前をいく長年の天敵「アルファロメオスパイダー」Mさんを追う中盤から後半戦。出だしのミスはデカかったものの、それでもレースはゲタを履くまでわかりまへん。とにかく最後まであきらめず、なんとかワンミス圏内で・・・と懸命についていったところ、ラスト2周でMさんのミスに助けられたカタチでの2番手浮上。ただ残念ながらこの時点でトップのフォードエスコートKさんは遥か彼方の視界外・・・ということで、後はそのまま総合第2位にて無事完走というリザルト。
終わってみれば、今回はナントカ運よく予選順位までは取り返せたものの、スプリントレースでのスタートの重要性を、またしても深~く思い知らされた決勝8周回・・・。決勝ベストラップは2周目に記録した1分53秒444でアリマシタ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第20回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース予選車載映像

Minijack2017
先週末の日曜日、岡山国際サーキットにて行われた「第20回ミニ・ジャック」ヒストリックカーレースの予選車載映像(↓)。
往年のバイアスタイヤ装着車両による「クラス・グッドウッド」との混走による25分間の予選走行。いつものように先頭でのコースインは、途中起こるやもしれぬ赤旗中断などの不慮の事態に備え、まずは最低限1周回のタイムを早めに記録しておくのに加え、今回は温もりの遅い古タイヤということで、少しでもたくさん周回できるようにするため。・・・で、今年初めの路面全面改修後、初となる走行の第一印象は、やっぱり滑らか~!!で乗り心地ヨシ。ただ路面グリップ自体はそう変わらんような印象も受けつつ、あとは若干変更のあった便所裏と最終コーナーの縁石の滑り具合を、恐る恐る確かめながらの10周回。
肝心のタイムの方はイマイチ伸び悩みながらも、ナントカ最終周に自己ベストのコンマ2秒落ち、1分53秒320をヒネリ出しての予選2番手と相成りマシタ・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP1  2:07.13
   2  1:58.54
   3  2:06.63  すり鉢で黄旗
   4  1:54.94
   5  1:53.98  便所裏1コ目(ミニ)
   6  1:54.65  すり鉢立上り(コルチナ)
   7  1:55.79  ヘアピン(Mムラさん)/便所裏2コ目(ミニ)
   8  1:56.80  すり鉢手前(ミニ)
   9  1:53.36
  10  1:53.32 ※BEST

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2017 スプリント開幕戦 筑波 決勝車載映像

Idlers20172
前回の予選に続き、先日の「アイドラーズゲームス2017スプリント開幕戦」Trad Makes/GT-Kクラス決勝車載映像。(↓)
予選は総合4番手、2列目アウト側グリッドからの「よ~いドン!!」。苦手のスタートでひとつ落としたポジション(「GT-Kクラス」チャンプてっちゃんさんのMAZDA AZ-1速え~!!因みにロメオのジュニアZにもお乗りとのこと。)を、次の1コーナー飛び込みでナントカ取り返してから、前を行く同じ「Trad Makes 2」クラスのワンツーを懸命に追うという展開。
前方で序盤戦の好バトルを展開するVWとSA22Cを見据えつつ、「オ~イ!待っちくり~っ!!ソコにワシも混ぜてちょ~っ!!」なんて心の中で叫んでみても、ラップタイム1分7秒台の競り合いに、肝心の追いかける側が8秒台のペースでは、ハナッからタタカイになるワケもなく、残念ながら中盤から後半戦にかけては総合4番手、クラス3位をポジションキープの一人旅にて無事完走という決勝12周回。
それでも折からの快晴の下、目一杯の全開走行でガンバる筑波サーキットでのレースの楽しみは、やはりナニゴトにも代えがたし・・・てなワケで、順位・タイムについては、とりあえずはマァ置いといて、まずはこの日一日ドコにもぶつからず、無傷で楽しくレースできたことに感謝感謝。また「も~っ!!先に2台でサッサと行ってもて~っ!!チョットは待ってくれてもヨロシイですやん!!ワザワザ大阪から来てますんやで~っ!!」なんてゴール後のパドックにて飛び出す冗談も、遠征用の余所行き顔の後から、ボチボチ出だした関西風味?
ま、この日のありあまる反省につきましては、帰路のトラック転がしながら、改めてジックリやっときマシタ・・・ということで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2017 スプリント開幕戦 筑波 予選車載映像

Idlers20171
先日の3月12日(日)、茨城県は筑波サーキットにて行われた「アイドラーズゲームス2017スプリント開幕戦」Trad Makes/GT-Kクラス混走による予選車載映像。(↓)
アイドラーズの予選時間は、経験値の少ない遠征組にはありがたいタップリ25分間ということで、まずは久しぶりの車輛の様子見も兼ね、余裕をもって入ったのが裏目に出たか、前半は一向にタイム出ず・・・。アカンアカン!!やっぱ慣れんコトするもんじゃないわ・・・とアセりつつ、1周のスロー走行を挟んでから、気持ちを入れなおしての予選後半から・・・。
前回の悪いイメージをとにかく頭から追い出して、「踏めるトコはチャンと踏む!!抑えるトコはしっかり抑える!!」を念頭に、懸命にタイムアタックを敢行するも、残念ながら結果は自己ベストには遠く及ばず、今回もエントラント中最多となった18ラップのラストから2周目に辛うじてヒネり出した1分8秒031がこの日のベストラップ。加齢による運転手の衰えを加味してみても、なお余りあるタイム落ちの原因は、マダマダ溝残ってるから・・・とタカをくくって履いてきた、2015年モノのSタイヤが、気持ちやや古かったか?
う~ん・・・気象条件は朝からバツグンだったんだけどね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「さんさんCLUB走行会」車載映像×2

Sansan2
先日セントラルサーキットにて行われた「さんさんCLUB走行会」の車載動画。
当日は朝イチから絶好のタイム出し日和ということで、今年最後のサーキット走行をベスト更新で気分良くシメようとガンバるも、フリー走行1本目は11周目の1分33秒746、続く2本目でも4周目の1分33秒681がこの日の最速ラップという結果にて、残念ながら僅かに及ばす・・・。
ただもう一つの懸案だった冬場のサーモスタット装着については、この日の気温ぐらいならサーキットでの全開走行でも、水温はやや高めながらも終始安定して78℃前後をキープしており、全くもってモンダイ無しということが判明したのは一つの収穫。今後春先から夏場にかけての運用は、またおいおい様子を見ながら・・・てなワケで、いずれについても宿題の続きは、また来シーズンに持ち越しということで・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

idlers Games 2016 スプリント第3戦 筑波 予選車載映像

Bankinchu1
ココロのダメージもようやく落ち着いてきたので・・・。(フトコロのダメージはマダマダこれからデスガ・・・。)
2ヶ月前の9月18日(日)、茨城県は筑波サーキットにて行われた「Idlers Games 2016series」スプリント第3戦「TM/K」レース予選車載映像(↓)。
初めての雨のツクバ、ピットロード出だしからいきなり「アレ!?カブってる・・・?!」なんて慌ててみても時すでに遅しでバラバラバラ・・・ッとコースイン。実は後日プラグの1本が突然死していたのが原因と判明するも、そんなコトとは露知らず、とりあえずしばらくは様子見のつもりが、1周目の1コーナーからスピンアウト・・・。
「いかんいかん・・・こんな時こそ落ち着かねば・・・」なんて自らに言い聞かせていたつもりが、さらにあろうことかメインポストから出ていた黄旗区間をキレイに見落とし、やらかしてしまった追い越しで2グリッド降格のペナルティ。挙句の果てには1コーナー手前のブレーキングミスで、先にコースアウトされていたクラシックミニに衝突してしまうというテイタラク・・・(ドライバーの方が脱出された後だったのがせめてもの救い)。
遠く関西からはるばるやって来て一体ナニやってんだか・・・。その節は本当にたくさんの皆様に多大なご迷惑をかけてしまい、改めまして本当に申し訳ありませんでした。この度の一件を重々に反省し、今後とも自らの肝に銘じ続けておく意味も込めましての動画アップでゴザイマス・・・はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 決勝車載映像

Ciaoitalia20164
前回の予選に続き、先日の「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)。
朝8時40分始まりの予選から、長~い待ち時間を経ての決勝スタートは午後3時過ぎ。絶好の行楽日和に緩みきったメンタルを、「そもそも今日はナニをしにココに来たのか?!」を改めて自らに問いかけ、もう一度引き締めつつの決勝はポールポジションから・・・。
いつもの苦手なスタートをナントカ無難にまとめて、どうにか先頭キープで1コーナーに飛び込みさえすれば、後はタダひたすらに逃げを打つ・・・という単純極まりない作戦が、今回はうまくハマり、その後も大したトラブルもなく、ほぼほぼ安定したペースにてお陰様でのトップチェッカー。
決勝ベストラップは3周目の1分34秒011と、マダマダ本調子とはいえないものの、病み上がり初戦としては出来過ぎもいいところ。思えば自己ベスト更新あり、はたまた大落ち込み大会のクラッシュありと、相変わらずのバタバタ続きだった2016年シーズンも、ラストの地元「チャオイタ」でナントカ良い締めくくりにすることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 予選車載映像

Ciaoitalia20163
先週末行われた「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)。
故障明け一発目の予選ということで、まずはジックリ様子見から・・・といきたいのはヤマヤマなれど、ココは「チャオイタ」。レースと違い、走行時間が予め定められている走行会がプログラムに多数組まれている関係上、例年タイスケは常に押し気味にならざるをえない事情もあってか、レース枠の予選・決勝中のアクシデント発生による赤旗中断は、間髪入れずに即走行終了となる可能性が非常に高し・・・。「コリャ1周目からある程度はいっとかんと・・・」ということで、車のお調子伺いはアウトラップで手早く済ませ、早々にタイムアタック。
その1周目を運よくクリアラップで終えたところで、手元計測機の表示でナントカ34秒台が出たのを確認しつつ、続く2周目は先行車に若干ながらひっかかたものの、さぁこれから・・・といったところでアリャ!?ホントに出ちゃったヨ・・・の赤旗中断。
あ~コレはそのまま終了やろな~・・・という予想はヤッパリその通りとなり、結局予選は2周のみ。それでも真っ先にコースインして2周できた28番車はいい方で、後続のエントラントのほとんどの方は、僅か1周しかできなかったとのこと。
そんなこんなの事情もあって、その後出てきたリザルトは、28番車の記録した1周目の1分34秒129が予選ベストラップでポールポジション・・・終わってみれば、結果オーライの予選となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第19回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像

Fordescort5
前回の予選に続き、先日の「第19回ミニジャック」ヒストリックカーレースの決勝車載映像(↓)。
予選2番グリッドからのスタート、前方PPは隼エンジン搭載のモンスタースーパセブン、予選ベストラップが1分44秒台ということで、即視界から消えるのは必至。またその隣に見えるコース外退去のロータスエランFさんは、フォーメーションラップ終了後の予選4番手グリッド上にて、ピットウォールのオフィシャルから液体漏れを指摘され、残念ながらのDNS。・・・となれば、残る予選3番手「クーパーズレジェンドS子ちゃん」(↑)Kさんとの一騎打ちダ・・・との予想通りの展開となったこの日の決勝レース。
オープニングラップ早々のコチラは相変わらずのスタート失速に続く盛大なシフトミス、アチラはすり鉢での大アンダー大会と、お互いバタバタの展開に乗じて、どうにか一度は前に出たものの、この日の決勝ベストラップの差がおよそコンマ6秒ともなれば、僅か8周のスプリントレースでも、抑え込むにはサスガにチョット・・・というわけで、中盤戦以降は後塵を拝しっぱなしでの総合第3位・・・と思いきや、アッという間に前方遥か彼方に消えていった件のスーパーセブンが途中リタイヤを喫していたことをゴール後に知り、終わってみれば総合第2位にて無事完走というリザルト。決勝ベストラップは「もう少し頑張りましょう」・・・の、1分54秒076でアリマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧