Entries categorized "昔話"

極私的回想、「NCHK(中山サーキットを走ろう会)」。

Nchk
28番車のマラソンのお師匠、「ますけん」さんのブログ記事を見て懐かしく思い出す「NCHK」。
自分が参戦していたのは’89~’90年頃、キャブ・排気系等ライトチューンのKP61&310サニーがワサワサ集まる「S-Ⅰ」クラス。当時は「アンタはレースのコトしか頭に無いんかっ!?」とヨメハンに呆れられる現状どころではなく、生活のほぼ全てがNCHKを中心に回っていた時代。とにかく2ヶ月毎に迫りくる次戦のNCHKと、それに見合うお金の算段に追いまくられていた日々。今にして思えば僅か2年余りのことだったとはいえ、あの頃は一体ナニ喰って生きていたんダカ・・・。
そんな腹ペコで油臭~いセーシュンの、今ではかけがえのない記録となった「NCHKグランプリ」(「”走ろう会”なのに”グランプリ”だ!!」)1990年6月10日第6戦結果表より偲ぶ往時の状況をば・・・。
参加カテゴリーはN(エンジンノーマル)、S(同ライトチューン)、T(スリック以外何でもあり)とTS(スリック含めやりちぎり)に大別され、それぞれN-A・B・C・F・G、S-Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、T-660・1500・2000・3000、TSの計13クラス。さらに激戦のN-A(KPワンメイク)、N-C(86ワンメイク)、N-F(ワンダー・グランド・EPターボ等)はそれぞれⅠ・Ⅱに分かれて延べ16クラス。コレをば半分の8クラスづつに分け、毎月の奇数・偶数月に開催されていたという、コレだけでもどんだけの台数が集まってたか想像がつこうっちゅうモノ。ちなみにこの日のエントリー数、N-AⅡ・17、N-BⅠ・15、N-CⅡ・24、N-FⅡ・14、S-Ⅰ・25、S-Ⅲ・19、T-2000・14、TS・20(!!)の総勢148台。コレがあの狭い中山サーキットのパドックに集結し、午前の練習走行はナントそのほぼ全車がコースインするという・・・。でもってアノ短いホームストレートということで、当然の如くスターティンググリッドの並びは3・2・3・2・・・がそのマンマの状態で目の前すぐの1コーナーにナダレ込む・・・いやホントスゴイ時代でアリマシタ。
そんなインターネットもナンモない頃、事務局の「グランドスラムGTR」さんから毎戦後欠かさず郵送していただいたのがこの結果表。全カテゴリーのリザルトはもちろんのコト、参加全車の予選・決勝全てのラップタイム表に加え、決勝レース周回毎の順位の推移を記録したラップチャート、さらに巻末にはその時点での全クラスの年間ポイント順位表まで網羅した、よくぞこれだけ手の込んだモノを作っていただいたと今にして思う、それはそれはスバラシイ逸品なのであります。
Nchk2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

工具箱のステッカー

Toolbox2
「この組合せでステッカー貼ってたヤツって、恐らく自分くらいしかおらんのやろなぁ・・・。」
作業中に目当ての工具がどうしても見つからず、やむなくガレージの奥から久しぶりに引っぱり出してきた、その昔クルマに興味を持ち始めた頃からず~っと使い続けている工具箱のフタを見て、フト思いに至ったコト。
あまりにローカル過ぎて全く伝わらないお話と、重々承知の上ではございますが・・・。

笑える方ダケ笑ってやってクダサイマシ・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

10年ひと昔なんて言いますが・・・(28番車の2000年)

Eurocup2000
「2010年ローンの旅」・・・なんて遥か先のコトのように笑ってた「A.D.2010」は、気がつけばアッという間に現実となってしまい、28番車がずっとお世話になっているレースイベント「ユーロカップ」も、早いもので開始初年度の「ユーロカップ2000」から数えて丸10年。「10年ひと昔」なんて言うけど、いつの間にやらもう10年も経っちゃったのね・・・なんて感慨も込めつつ、その「ひと昔前」の28番車をリザルトで振り返ってみたりして・・・。
当時の「ユーロカップ」はまだ現在のようなクラシックカー単独枠でのレースは無く、車輌生産国別のカテゴリーによる混走レースということで、この頃はランチアデルタ・インテグラーレを懸命に追いかける日々(今や遥か彼方の存在となってしまいましたが・・・)。また岡山国際サーキット(旧名称TIサーキット英田)でのロメオワンメイクは、後の数々の紆余曲折を経て現在の「アルファロメオチャレンジ」となる前身のスクーデリア・ヴェルディ走行会。この頃はまだ旧車の方が速かった・・・。
因みにこの年からガタッとエントリー数が落ち込んだ今は無き「セントラル・ビッグチャレンジ」と、その為のテコ入れ企画「クラシックカーフェスティバル」それぞれのJAF戦は、当時のレギュレーションに従ってSタイヤは禁止。なのでユーロカップとJAF戦交互の日程で、その度に唯一の虎の子だったホイールに、Sタイヤと一般ラジアルとの組換作業を近所のタイヤ屋さんにお願いしては呆れられてたっけ・・・。
それにしても、こうして改めて見るとシーズン中はほぼ毎月セントラル・・・さらに確かこの頃はJAF戦前日の土曜には練習走行枠が組まれてあって、それにも必ず参加していたような記憶もアリ。今にして思えば、この2000年までの2、3年がこれまでで一番とり憑かれたように走り込んでいた時期だったのやもしれませぬ・・・。

ユーロカップ2000 アルファ&イタリアンP2S2&デルタレース 第1戦
2000年3月12日 セントラルサーキット(ドライ)
アルファロメオPクラス 予選1位(4) 1’37.663  決勝1位(2) BT 1’37.555

スクーデリア・ヴェルディ走行会 ARカップ 第1戦
2000年3月20日 TIサーキット英田(ミディアムウェット→ドライ)
予選PP 2’05.646  決勝1位(1) BT 2’00.640(FL)

セントラル・ビッグチャレンジ2000 クラシック&ミニレース 第1戦
2000年5月14日 セントラルサーキット(ドライ)
S-2クラス 予選1位(5) 1’38.890  決勝1位(4) BT 1’39.272

ユーロカップ2000 アルファ&イタリアンS2&デルタレース 第2戦
2000年6月4日 セントラルサーキット(ドライ)
アルファロメオPクラス 予選1位(4) 1’37.031  決勝1位(4) BT 1’37.372

セントラル・ビッグチャレンジ2000 クラシック&ミニレース 第2戦
2000年7月23日 セントラルサーキット(ドライ)
S-2クラス 予選1位(2) 1’39.260  決勝2位(1) BT 1’39.556

ユーロカップ2000 アルファ&イタリアンP2&デルタレース 第3戦
2000年8月27日 セントラルサーキット(ドライ)
アルファロメオPクラス 予選1位(4) 1’38.768  決勝1位(3) BT 1’38.476

クラシックカーフェスティバル・セントラルミーティング2000
2000年9月3日 セントラルサーキット(ドライ)
S-2クラス 予選1位(5) 1’38.701  決勝1位(6) BT 1’39.145

チャオ・イタリア2000 イタリアンクラシックカースプリントレース
2000年10月22日 セントラルサーキット(ドライ)
BS-3クラス 予選1位(3) 1’37.143  決勝1位(3) BT 1’37.269

ユーロカップ2000 アルファ&イタリアンP2S2&デルタレース 第4戦
2000年11月12日 セントラルサーキット(ドライ)
アルファロメオPクラス 予選1位(6) 1’38.796  決勝1位(5) BT 1’37.092

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP
Clssiccarfes2000

| | Comments (4) | TrackBack (0)

TZ2を追いかけろ!!(チャオイタ’98車載映像より その2)

Tz2
前回に続いての「その2」はアルファロメオTZ2編。同じく「チャオイタリア’98」クラシックカーレース決勝車載映像からの抜粋より(↓)。
以前にも書いたとおり28番車にとって思い出深いTZ2。何といってもスゴかったのは、これほどまでのレアなクルマを単なるコレクターズアイテムとしてではなく、あくまでも「アルファロメオでサーキットをより速く走る」という目的ひとつでセレクトしてこられた、ロメオの大先輩Uさんの心意気。それは現在も乗られているロメオ好きならではの走りへのコダワリが満載されたアルファロメオGTAにもシッカリと受け継がれておられます。
ある意味ベローチェ乗りとしては、ひとつの究極の姿でもあるTZ2。この時はホンマにエエもん見せていただきました・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

GTAmを追いかけろ!!(チャオイタ’98車載映像より)

2000gtam
今からちょうど10年前、1998年の「チャオイタリア」決勝車載映像のオープニングラップから2周目にかけて↓。
当時からのロメオの先輩「Mブラザーズ」お兄ちゃん駆る予選3位スタートのアルファロメオ2000GTAmに、スタート直後から必死に喰らいついていこうとする28番車。その最終コーナーでのミスを見逃してくれなかったのは、予選7番手からジャンプアップしてきたローズオートさんちのNくんドライブによるこれまた同じアルファロメオ2000GTAmという展開で、今にして思えば2台のGTAmに挟まれるようにしてレースしたなんてのは後にも先にもコレっきり。やっぱ憧れのGTAmはサーキットを全開で駆ける姿がサイコーにカッコよろし・・・とか言いつつ、この日イチバンの特等席から見ていたのは他ならぬ自分だったりして・・・。
その他にもアルファロメオTZ2(!)を含むというこの日の超豪華メンバーとのバトルを制して最終的にレースをモノにしたのは、苦しい展開にもかかわらず見事なポールtoフィニッシュを決めてみせた相方27番車。28番車は予選4番手の決勝は3位完走、決勝ベストラップは1分37秒905でありました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「タミヤ」からの手紙(28番車的「3丁目の夕日」)

Letter
いつもの昼休みの立ち読み中、「Racing on」誌のシーズンオフ企画「タミヤ模型特集」を見ていてフト思い出した大昔の記憶・・・。
今を去ること30数年前、日々草野球に明け暮れていた小学坊主の28番車がもうひとつ熱中していたのがプラモデル造り。当時はインターネットなどカゲもカタチも無かった昭和40年代、お気に入りであちこち探し回っていたプラモデルが近所のお店ではどうしても見つからず、思い余って製造元のタミヤへ直接手紙を書いたことがあったっけ・・・。「みっともないからやめろ!」と怒るおやじに、会社向けの宛名には「御中」という漢字を付けるよう後からコッソリ教えてくれたおかん・・・。ところが後日、その片田舎の小学生あてにタミヤから返事が帰って来たのには心底オドロイタ。内容はメーカー直販は行っていない旨とその代りに通信販売の取扱店の連絡先が書かれた簡単なものだったが、あの時は子供心に何だかウレシかったなぁ・・・なんて28番車の「3丁目の夕日」的お話。
因みに未だに覚えているその時欲しかったモデルは1/700ウォーターラインシリーズの「島風」。最高速度40.9ノットを誇った旧海軍最速の駆逐艦。当時から「速いヤツ」が大好きでした・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ゼッケンサークルの変遷

Zekken1
Zekken2
Zekken3
先日の「ゼッケンサークル話」繋がりで、28番車の過去のゼッケンサークルの変遷なぞを・・・。
改めて振り返ってみれば、丸いのやら四角いのやら、さらには色も黒字に白字と、まぁ我ながら節操も無くその時々の気分次第でカッティングシートを切り出しては、貼って剥がしてまた貼り付けて・・・てなコトを繰り返して来た様な次第。ちなみに今現在は黒丸地に赤文字という組み合わせ(↓)。
一応コレが最終決定版と今現在のところは考えておるのですが・・・。
Zekken4

| | Comments (3) | TrackBack (0)

チャオイタリア’96の思い出

Carmagazine2
車種は旧車としてはありふれたアルファロメオ1750GTV。ビカビカにレストアされているわけでもなく、ドハデなチューニングが施されているわけでもなし。さらに東京から遠く離れた関西在住ということもあって、巷に溢れる所謂クルマ雑誌とはトンとご縁の無い28番車。それでも永年走っていると過去に幾度かはイベント紹介記事の写真の片隅に写ってた・・・なんちゅうこともあるワケで「Oh My Giulia 2」さんからのトラックバック。
↑はカーマガジン誌1997年1月号に掲載された’96チャオイタリアのレポート記事。決勝スタート直後と思われる写真の左端にチョコッと写っているのが今から11年前の28番車(↓)。四角いゼッケンに修正前の識別カラーリング、左ウインカー下には移設前のオイルクーラーダクト、エンジンもまだ1750のファインチューン仕様でガンバッテいたっけ・・・。この頃はチャオイタもまだTIサーキット英田(現:岡山国際サーキット)で行われており、メインのクラシックカーレースも年式別に2レース開催(因みに’72年式2000GTVの相方27番車は別レースに出走)。華やかだったねぇ・・・あの頃は・・・。で、28番車が出走した「70Bレース」のウィナーは↑の写真では28番車の向かって右隣、ゼッケン74の段付きは「走って潜って魚も釣れる」名メカニックことプロバメカニカのKやん。そして予選PP&決勝ファステストラップはご存知「スクーデリア・ヴェルディ」O野さんの今は亡き伝説の激速ヴェローチェ。28番車のリザルトは予選3番手スタートの決勝2位完走、ベストラップは1分58秒634でありました・・・。

追記:で、そのヴェルディO野さんによる当時の車載映像はコチラにて・・・ということでトラックバックさせていただきました。12年前の28番車の後姿もチラと写っております、イヤハヤ懐かしい。それにしてもシフトダウンでマフラーからエラい煙吹いとったのね・・・全然知らんかった・・・。
Carmagagine

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ウェットレースの車窓から(その2)


前回の続きをもう少し・・・。この時のヒストリックカップ総合優勝は当時メキメキと頭角を現しつつあった通称「黒スッド」ことKumaさんのアルファロメオ・スッドスプリント。↑はレース終盤、そのKumaさんにホームストレートエンドでズバッとインを刺された後、アッサリとブッチギられるの図・・・。この日の詳しい様子はコチラにて。
そんなアルファスッドの秘めたるポテンシャルを存分に示した「怪鳥黒スッド」↓。さらにこの年の暮れ、雑誌社主催のツクバサーキットでのアルファロメオ最速バトルで、排気量1.7リッターの旧車ロメオとしては当時驚異的ともいえる1分7秒台というタイムを叩き出し、居合わせた関係者一同をアッと言わせたのは、我ら関西ロメオ乗りの溜飲を大いに下げさせた出来事として今だに語り継がれているお話であります。

追記:で、そんな昔話の後日談はコチラ、お馴染み白猫#35さんのブログ記事にて・・・。お互い永くやってますとつくづくイロイロな場所で繋がってくるモンですなぁ・・・というお話デス。
Kumasud

| | Comments (9) | TrackBack (0)

ウェットレースの車窓から


6月梅雨のド真ん中、今日も朝から雨、雨、雨・・・・の雨繋がりということでウェットレースの車載映像を、6年前の2001年9月14日、TIサーキット英田にて行われたポルテロ・アルファロメオチャレンジ第3戦より・・・。
28番車の場合、雨天でもサーキットでは余程のことが無い限りワイパーは動かさず、予めフロントガラス外側に撥水コーティング剤「レインX」、内側には曇り止めの「クリンビュー」を塗り込むことで前方の視界を確保。思うにこのテのケミカル、後発の製品は量販店の売場の棚を埋め尽くすほど多々あれど、やはり「元祖モノ」に一日の長アリ・・・というのが個人的感想。
この頃はまだ排気量1779cc時代。現在の2リッターエンジンとはまた一味違った1750特有のエンジン音も懐かしや・・・。因みに前を行くのは当時の「スクーデリア・ヴェルディ」ワークス2号車だったアルファロメオ・ジュリアスーパー(1号車はコレ、動画はコチラ)。その後オーナーを変え現在もアルファロメオチャレンジ関西・ヒストリッククラスにて元気に活躍中。↓はそんな’06年のロメオチャレンジ関西最終戦でのスナップであります。
Giuliasuper

| | Comments (6) | TrackBack (0)