Entries categorized "Ciao Italia"

2017年度 全リザルト

Overfender
アッ!?・・・という間に、今2017年も大晦日。
振り返れば年明け早々のキャブ迷走に始まり、今年も相変わらず些細なコトでの一喜一憂、「五十にして天命を知る?!一体ドコがや?!ふぁ~っくっ!!!」な1年間。そんな七転八倒な日々の挙句、年末に自分としてはそれなりに思い切って下した方向転換の決定のため、購入以来26年間で恐らく初めてとなる、手元にヴェローチェの無い年末年始・・・うわっ!!ナンダこのポッカリとココロに穴の開いたような手持無沙汰感は・・・。
・・・てなワケで、28番車「おやじサラリーマンの草レース的生活」としては、当初は予想だにしなかった大きな区切りの年となった2017年。今までの長きにわたり自分なりにコツコツと手塩にかけてこしらえてきた結果ながらも、今後の新展開に向け、コレで見納めとなる28番車のオーバフェンダー姿(↑)を最後の画像にして、またゼロからの・・・どころかマイナスからのスタートとなる来期へのどでかい不安とチョッピリの期待もない交ぜにしつつ、今年も大晦日恒例、「今年度28番車全リザルト」でシメさせていただきたく・・・。
今年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

アイドラーズ・ゲームス2017 スプリント第1戦筑波 TM&Kレース
2017年3月12日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選3位(4) 1’08.031  決勝3位(4) 1’08.357

第20回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2017年5月21日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選2位(2) 1’53.320  決勝2位(2) BT 1’53.444(FL)

チャオ・イタリア2017 クラシックカーチャピオンレース
2017年10月1日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’33.047  決勝1位(1) BT 1’33.911

AR-CUP2017 第7戦
2017年10月15日 筑波サーキット(ウェット)
Rクラス 予選PP 1’16.495  決勝1位(1) BT 1’15.503(FL)

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (3) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 決勝車載映像

Ciaoitalia20173
先日行われた「CIAO ITALIA 2017」、前回の予選に続き、クラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)
毎度毎度ニガテなスタート、それもポールポジションからとなれば、いやさらにも増すプレッシャーということで、後にフライングと判明する予選2番手「アルファロメオスパイダー」Mさんの先行にも、その場ではナンの疑いもなく納得してしまうカナシサよ・・・。
とはいえココまではまぁ慣れた展開、レースはまだまだ始まったばかりと開き直ったのが功を奏したか、その後数ラップで一気に差を詰めたところまではヨカッタものの、「あれ?コレこのままイケるかも?」との慢心がチラとでも心を過ると、もうイケマセン。続く裏ストレートエンドで半ば強引にインに飛び込んで前に出てからは攻守逆転、トップ引きで引き離すどころか今度はコチラがベタ付けで追い立てられるという防戦一方の展開に・・・。
それでも後方からのプレッシャーを受けながら、時にはエゲつないブロックを繰り出しつつ(Mさん、その節はスンマセンでした・・・)、どうにかこうにかレース終盤までは先頭で踏みとどまったものの、残り1周となった一番のフンバリ所で、あろうことかミスを連発してしまい、アッサリと抜き返されてしまったところで10周終了のチェッカーフラッグ。
その後のペナルティの裁定で、リザルトは決勝1位となったものの、レース内容としては反省しきり・・・。またラップタイムもベストは辛うじて1分33秒911を記録するも、それ以外のほとんどの周回が1分34秒台に留まってしまったコトも含め、技術面、メンタル面共にマダマダということを、また改めて思い知らされた今年のチャオイタリアでありました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 予選車載映像

Ciaoitalia20172
先週末行われた「チャオイタリア2017」クラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)
2年前の同じ「チャオイタリア2015」以来、久々のサラタイヤをフンパツして臨む朝イチの予選は、絶好のドライ路面に恵まれたこともあり、目指せ自己ベスト更新!あわよくば1分32秒台!!・・・と勢い込んでのコースイン。さらにはそのアウトラップ直後、1周目の手元計測が1分33秒1とくれば、「こりゃ今日はイケそうダ・・・!」と喜んだのも束の間、その後の続く周回では、はやる気持ちを抑えきれず、折角のサラタイヤのグリップ力を、雑な運転の帳尻合わせで無駄遣いしてしまい、結局は1周目を上回るタイムを出せずに予選終了・・・。
それでも肝心の予選順位の方は、比較的クリアラップに恵まれたこともあり、ポールポジションをナントカ確保。
公式タイムは32秒台までもうあと一歩・・・の1分33秒047でアリマシタ・・・。

ラップ記録(手元計測)
LAP1  1:56.27 
   2  1:33.10  ※BEST
   3  1:33.33  
   4  1:33.56
   5  1:34.22  
   6  1:34.07  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2017 お疲れ様でした!

Ciaoitalia2017
例年の10月末開催が、今年は10月アタマということで、28番車2017年シーズン後半戦の一発目となった年に一度のイタリア車のお祭り「チャオイタリア2017」、幸い絶好のお天気にも恵まれ一昨日無事終了、お疲れ様でしたー!!
今回の「イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、お陰様をもちまして「柳原メンテナンス1750GTV」、この日はゼッケン46の28番車(↑)・・・とはいえ、その内容は薄氷の勝利でアリマシテ、実は決勝レースの着順は「アルファロメオスパイダー」(↓)Mさんに続いての2番手フィニッシュ。「か~っ!!今年はヤラレタ~!!」・・・と悔しがっていたところ、レース後そのMさんがフライングのペナルティによる1周減算となり、思わぬカタチで大きなボタモチが転がり込んできたような次第・・・。
戦前の予想通り、決勝レースはスタート直後から一騎打ちの競り合いに終始した中、こちらも結構エゲつないブロックをしてしまったりしていただけに、「フライングしたらしゃあないわな~!まぁそれでも面白かったわ!!」とレース後にこやかにお声かけいただいたMさんには、救われる思いと共に本当に感謝。今後とも年来の天敵としてよろしくお手合わせのホド・・・。
また毎度毎度のことながら、運転手のワガママ勝手にも、忙しい中イヤな顔ひとつせず真摯に向きあっていただき、この日のために28番車の点検整備をしていただいた「柳原メンテナンス」おとーさん&Jr.にもモチロン感謝感謝の意を表しつつ、ラッキー極まりない経緯はともかく、また数多くの反省点については、とりあえず一旦は横に置いといて、まずは素直に望外のリザルトを喜びたく思う今日この頃。重ね重ねも本当にありがとうございました~!!
Spider2017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「チャオイタリア2017」にエントリー

Centralrensyu
先週末の土曜祝日は、先日修理していただいたミッションに加え、ナンだカンだでかれこれもう1年、エエ加減に決めてしまいたいキャブレターセッティングの最終確認のため、地元セントラルサーキットにて試運転。
早起きして行きの道中で試してみたものの、マッタクの裏目に出てしまったマフラーの小細工を元に戻すのにやや手間取り、朝は2枠目の走行から・・・。ミッションの操作具合と空燃比計の表示を確かめながら、途中チョコっとジェットを入れ替えたりしつつの10周回。とりあえず肝心のミッションは大丈夫そうなれど、1コーナー手前と立体交差辺りがやや湿っぽかったとはいえ、ラップタイムがベストから1秒以上の落ちとなれば、コレはチョットこのまま帰るワケにはいかぬ雰囲気。
てなワケで、その後同じくこの日走行に来られていたRSハマダさん(ユーロカップでは随分とモンでいただきました・・・)にコレ幸いと運転のアドバイスをいただき、燃調ももうアトひと押し、エアジェットを気持~ち絞って走ってみた”おかわり”の4枠目。路面も完全ドライになっていたこともあり、ようやく古タイヤとしてはマズマズのラップタイムが出たところでソソクサと撤収。・・・で、試運転帰りにいつも立ち寄る、サーキット出てすぐのコンビニ内にあるイートインコーナーにてお昼ごはん休憩の図(↓)
そんなこんなのお陰様で、なんとかギリ間に合った2017年シーズン後半戦。一発目は当初の予定通り、来る10月1日(日)、セントラルサーキットにて開催の「CIAO ITALIA 2017」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースからでありマス。
Centralrensyu1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年度 全リザルト

Noukai2016
2016年も残すところあと数時間・・・。
今年はやり残した宿題もあり、いつにも増して年末ギリまでバタバタやってた28番車。一昨日の年末恒例「柳原メンテナンス」納会でも、夕方いつもの仲間内がリラックスムードで三々五々集まる中、一人切羽詰まった顔してキャブレターのミクスチャー調整などをお願いしたりして、その節はご迷惑をばおかけいたしました・・・。てなワケで、いつまでたっても相変わらずの七転八倒が続く「おやじサラリーマンの草レース的生活」、本年ラストもやっぱり大晦日恒例「今年度28番車全リザルト」でシメさせていただきたく・・・。
今年もお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください!!

還暦レース大会2016
2016年1月31日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選1位(5) 1’53.771  決勝1位(5) BT 1’53.808

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第1戦筑波 TM&Kレース
2016年3月13日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選2位(2) 1’07.379  決勝2位(2) 1’07.375

第19回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2016年5月15日 岡山国際サーキット(ドライ)
クラス1 オーバー1500 予選2位(2) 1’55.372  決勝2位(2) BT 1’54.076

アイドラーズ・ゲームス2016 スプリント第3戦筑波 TM&Kレース
2016年9月18日 筑波サーキット(ウェット)
TM2Tクラス 予選4位(9) 1’17.030  決勝 DNS

チャオ・イタリア2016 クラシックカーチャピオンレース
2016年10月30日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.129  決勝1位(1) BT 1’34.011(FL)

さんさんCLUB走行会2016
2016年12月15日 セントラルサーキット(ドライ)
1本目ベストラップ 1’33.746 2本目ベストラップ 1’33.681

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 決勝車載映像

Ciaoitalia20164
前回の予選に続き、先日の「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレース決勝の車載動画(↓)。
朝8時40分始まりの予選から、長~い待ち時間を経ての決勝スタートは午後3時過ぎ。絶好の行楽日和に緩みきったメンタルを、「そもそも今日はナニをしにココに来たのか?!」を改めて自らに問いかけ、もう一度引き締めつつの決勝はポールポジションから・・・。
いつもの苦手なスタートをナントカ無難にまとめて、どうにか先頭キープで1コーナーに飛び込みさえすれば、後はタダひたすらに逃げを打つ・・・という単純極まりない作戦が、今回はうまくハマり、その後も大したトラブルもなく、ほぼほぼ安定したペースにてお陰様でのトップチェッカー。
決勝ベストラップは3周目の1分34秒011と、マダマダ本調子とはいえないものの、病み上がり初戦としては出来過ぎもいいところ。思えば自己ベスト更新あり、はたまた大落ち込み大会のクラッシュありと、相変わらずのバタバタ続きだった2016年シーズンも、ラストの地元「チャオイタ」でナントカ良い締めくくりにすることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 予選車載映像

Ciaoitalia20163
先週末行われた「チャオイタリア2016」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースの予選車載映像(↓)。
故障明け一発目の予選ということで、まずはジックリ様子見から・・・といきたいのはヤマヤマなれど、ココは「チャオイタ」。レースと違い、走行時間が予め定められている走行会がプログラムに多数組まれている関係上、例年タイスケは常に押し気味にならざるをえない事情もあってか、レース枠の予選・決勝中のアクシデント発生による赤旗中断は、間髪入れずに即走行終了となる可能性が非常に高し・・・。「コリャ1周目からある程度はいっとかんと・・・」ということで、車のお調子伺いはアウトラップで手早く済ませ、早々にタイムアタック。
その1周目を運よくクリアラップで終えたところで、手元計測機の表示でナントカ34秒台が出たのを確認しつつ、続く2周目は先行車に若干ながらひっかかたものの、さぁこれから・・・といったところでアリャ!?ホントに出ちゃったヨ・・・の赤旗中断。
あ~コレはそのまま終了やろな~・・・という予想はヤッパリその通りとなり、結局予選は2周のみ。それでも真っ先にコースインして2周できた28番車はいい方で、後続のエントラントのほとんどの方は、僅か1周しかできなかったとのこと。
そんなこんなの事情もあって、その後出てきたリザルトは、28番車の記録した1周目の1分34秒129が予選ベストラップでポールポジション・・・終わってみれば、結果オーライの予選となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2016 お疲れ様でした!

Ciaoitalia2016
前日の予報からして雨の心配一切無し!!そんな朝イチから絶好のお天気に恵まれた先週末の日曜日、兵庫県はセントラルサーキットにて行われた地元関西での年に一度のイタリア車のお祭り「チャオイタリア2016」が無事終了、お疲れ様でしたー!!
今回の「イタリアンクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、お陰様をもちまして「柳原メンテナンス1750GTV」、この日はゼッケン12の28番車。開始早々の赤旗中断で僅か2周しかできなかった朝の予選にもかかわらず、運よく1周目でまずまずのタイム1分34秒129が出てポールポジション。で、その後およそ6時間の長~い待ち時間を経ての決勝、苦手なスタートをナントカ無難に乗り切り、先頭で1コーナーに飛び込んだ後は、スタコラサッサとただひたすらに逃げを打ってのトップチェッカー。決勝ファステストラップ1分34秒011は、昨年の自己ベストにははるかに及ばぬものの、先月の大失敗から大急ぎで修理していただいての病み上がり初戦ということで、正直今度ばかりは順位はともかく、無事に完走できればそれでヨシとしていただけに、マッタクもって望外のリザルト。
思えばコレもひとえに、微動だにできぬ28番車を前にひとりぼっちで途方に暮れていた中、親切に積載車まで運んでくれたツクバのコースオフィシャルの方々に始まり、その日曜深夜にもかかわらず工場に受け入れてくれるや、この日のためカンペキに修理を間に合わせていただいた「柳原メンテナンス」おとーさん&Jr.を始め、鈑金・塗装・部品調達その他様々な形で助けていただいた皆様方、また本番前週の開催ということで、今回ばかりは不便を承知で単身JCCAツクバに乗り込んでくれた相方27番車、そして貴重な右ハン用のステアリングギアボックスを快く提供していただいた「オートコニサー」Iトー君にも大大の大感謝。
・・・にしても、良きにつけ悪しきにつけ、レースっちゅうのはホン・・ットにナニがどう転ぶか分からないというのを、改めて感じ入った一日。重ね重ねも本当にありがとうございました~!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日は「チャオイタリア2016」

Bankinchu
明日10月30日(日)は、セントラルサーキットにて「チャオイタリア2016」。
毎年欠かさず参加している、関西地区、年に一度のイタリア車のお祭りということで、今年もナントカ出たかったものの、今度ばかりはツイこの間まで↑のような状態だったことを考えれば、周りの皆様方のご尽力のおかげで、まずは参戦にこぎつけることができただけでも深く感謝感謝。
・・・てなワケで、どうにかギリギリ間に合った病み上がりもエエところのブッツケ本番で臨む今年の「チャオイタ」。今回ばかりは順位はともかく、とにかく無事に完走できますようにと願いつつ、この度の28番車路上復帰計画、最後の最後のシメは板金塗装の際に剝がされていた、カットオフスイッチの車外操作場所を示すスパークシートの貼り直し(↓)。
幸いにも明日の兵庫県南部地方のお天気は「晴れ」降水確率0%と、絶好のレース日和となりそうな予報。今度こそ・・・今度こそどうか笑って帰れるレースとなりますように・・・。
Sparksheet1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧