Entries categorized "Euro Cup 2010"

2010年 28番車の○と×&全リザルト

Result2010
年末恒例、28番車の「今年の○×」と「全リザルト」、例年通り30、31の2日に分けてのアップのつもりが、相変わらずのバタバタで今回はギリギリ大晦日までズレ込んでシマッタ・・・・てなワケで、朝方来のキビシイ二日酔いの洗礼にもメゲず、駆け足で本年度の○×から・・・


参加全戦ドライ路面にて無事完走
リーマンおやじ草レーサー、何をおいても「無事に走って無事帰る」コレに勝るヨロコビ無し。おまけに今年はナント参加した全戦においてドライ路面の好天に恵まれるという稀有な一年・・・ドコのダレかは存じませんが、今年一年さぞや行いの良かったでありましょう「晴れ男(女?)エントラント」の存在に大感謝。どうか来年も引き続きましてのご加護のホド・・・。

×
スタートラインにたどり着けずの後半戦
リーマンおやじ草レーサー、先ずはグリッドに並べるまでが大仕事・・・という事実が改めて身にしみたシーズン後半戦。絶好のレース日和、パドックで一人指をくわえて傍観する身のサビシサよ。四の五の御託を並べるより、やっぱレースは走ってナンボですなぁ・・・。

てな具合で暮れ往く2010年も残りあと数時間・・・甚だ拙い内容にもかかわらず、今年も暖かい目をもって当ブログにお付き合いいただきました皆様方におかれましては本当にありがとうございました。来年もまたひとつ今までと変わらぬご愛顧をお願いしつつ、大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にて2010年のシメとさせていただきたく・・・。
では皆様どうかよいお年をお迎えください!!

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2010年3月14日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(4) 1’36.185  決勝1位(3) BT 1’36.003

アルファロメオチャレンジ2010関西 第2戦
2010年5月16日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(2) 1’54.639  決勝1位(3) BT 1’55.923

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第2戦
2010年5月30日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(3) 1’38.255  決勝2位(2) BT 1’36.710(FL)

アルファロメオチャレンジ2010関西 第3戦
2010年7月25日 岡山国際サーキット(ドライ)
第1ヒート
HSRクラス 予選1位(14) 1’56.142  決勝1位(16) BT 1’56.377
第2ヒート
HSRクラス 予選1位(16) 1’56.377  決勝1位(19) BT 1’58.150

ユーロカップ2010 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2010年9月19日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選PP 1’34.931  決勝1位(2) BT 1’35.729

チャオ・イタリア2010 クラシックカーチャピオンレース
2010年10月17日 セントラルサーキット(ドライ)
BT-3クラス 予選PP 1’34.931  決勝1位 BT 1’36.151

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (4) | TrackBack (0)

久しぶりにお帰りやす!

Pablica
2リッターオーバーの重量級もいるかと思えば、小排気量1.3リッタークラスも同じ旧車同士で仲良く(?)混走というのが、28番車が今もって足繁く通う「ユーロクラシック」の魅力のひとつ。・・・てなワケでそんな小排気量クラスの常連さんといえば↑の黄色いパブリカでお馴染みのSさん。ただここ最近のユーロのスプリントレースでは長らくのご無沙汰だったということで、先日観戦に訪れた今シーズン最終戦では好天の下、ホント久しぶりに3KBの快音を聞かせていただきました。決勝は残念ながらキャブのリンケージトラブルでリタイヤされたものの、予選ラップタイムは1.3リッタークラスとしては堂々の1分38秒台と、コレは久々に復活のノロシが上がった模様・・・。来シーズンはこの辺りのタイム域でもクラスの枠を超えた熱いバトルが繰り広げられそうな予感デス。
因みに写真のヘルメットに描かれたなんともファンキーなイラストは、ヤバ過ぎてこれ以上の大きさではアップできません・・・・ご興味ある方はゼヒ現地にて存分にご鑑賞くださいマセ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やはり強し!「T-2000over」クラス

Vwvw
28番車が常日頃お世話になっているユーロカップ「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の参加対象車両は、1975年までに生産された欧州車&国産車(同形車に限り’79年まで可)。その中でさらに改造度合と排気量別に細かく設定されているクラス区分のうち、やはり何と言っても強いのは排気量2000cc以上の改造車が対象となる「T-2000over」クラス。
ただこれまではユーロクラシックのエントラント中でも少数派ということで、以前はしばしば総合優勝されていた「ポルシェ911」(その後ポルシェワンメイクにステップアップされました。)以来、しばらくは雌伏の時代といった感もあった大排気量組が、ここへきて今度はVW勢を中心に再びその実力をあらわにされつつある模様・・・。もちろんエンジンの馬力だけで好ラップタイムが刻めるワケでは決してないとはいうものの、車輌トータルでの煮詰めが進んでくればくるほど、よりその抜群の加速力がますますもって生きてくるワケで、これは来シーズン以降さらにその速さに磨きがかかってこられそうな予感・・・。
悲しいかな元々の設計が1600cc用ということで、ボア84mm×ストローク88.5mmの1962ccでほぼイッパイイッパイという「T-2000」クラス住民の28番車としては、ココの部分ダケはイカンともしがたいところ。ただウワサではそんなアルファロメオ105系の4気筒エンジンにも「2.2リッター」とも「2.1リッター」とも言われる仕様が存在するとかしないとか?そんなカマ上げがもし可能であれば、ヴェローチェでも「T-2000over」クラス・・・一度は味わってみたい世界でアリマス・・・。
Karmannghia5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010スプリント最終戦見学記

Freakvw4
ユーロカップといえば雨・・・なんて言われていた2、3年前のあの頃は一体ナンだったの?!というぐらい今年は開幕戦から本当にお天気に恵まれ続けた「ユーロカップ2010」、そのスプリントレースシリーズ最終戦となる一昨日のセントラルサーキットも朝から気持ち良く晴れ渡る絶好のサーキット日和。
「気温・湿度低く、気圧高し!!今日のキャブ車はタイム出るで~」なんてこの日ばかりは気楽な見学者の28番車でありまして、そんな中行われた今年最後の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は「VWタイプⅠフリーク2号」(↑)のTさん。決勝は途中赤旗中断となってしまったものの、それまでのポルシェ911との壮絶なトップ争いは正に見応えタップリ、前回第3戦に続いてのユーロクラシック2連勝、おめでとうございます!そしてその赤旗提示直前の7周目終了時点での着順が正式リザルトとなる関係上、かろうじて総合2番手にスベリ込んだのが相方27番車(↓)、さらにその相方27番車と終始バトルを繰り広げた「GTBUG 34 KARMAN GHIA改」のT本のおやっさんがその後に続くという今回の総合トップ3。
当の28番車は今回は都合により仲間内の応援&お手伝い参加・・・とか言ったところで要するにこの日はサーキットへしゃべりにいったようなモン。で、朝っぱらから夕方まで爆音渦巻くパドックで一日ガナリ続けているとどうなるか?・・・てなワケで週明けからはガラガラ声での勤務でゴザイマス・・・。
27euro2010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010最終戦エントリーリスト発表

27jcca2010
29arc20102
いよいよ今週末セントラルサーキットにて開催の「ユーロカップ2010」第4戦のエントリーリストが、主催者「ツーアンドフォー」より発表アリ。
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」にも、初お目見えさんにお久しぶりの方、それにモチロンいつもの常連勢も加わってのバラエティ豊かな旧車レーサーの集いしその数、合わせて23台也。残念ながら諸般の事情でこの中の一員に入れなかった28番車、週末は気を取り直しての応援部隊というワケで、仲間内のアルファロメオ勢からは、いつもの相方27番車ココ最近の好調でノリにノッている29番車(↑)、さらにはこちらもその初登場以来、レースを重ねるにつれ次第にその本領を発揮しつつある「MEXC-S アルフェッタGTV」(↓)のYきち選手がエントリー。
当日はみんなガンバッテね~!!
Mexcsalfetta

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010最終戦は欠席デス・・・。

28inymaintenance4
来る11月21日(日)、セントラルサーキットにて開催のユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第4戦には、残念ながら欠席・・・。
元々長年の酷使で消耗がひどかった上、さらに先月の「チャオイタリア」でやらかしたブレーキの引きずりで完全にトドメを刺してしまったブレーキローターの海外からの入荷が、結局ギリギリのところで間に合わず、いかに次のユーロが28番車にとっての今シーズン最終戦だったところで、モノがブレーキだけにココで無理をする必要は全く無し!と腹をくくり、こうなった場合の当初の予定通り、今回のエントリーはおとなしく見送ることに決定したような次第。
・・・なので折角前回のチャオイタ参加者を対象に配られた、次のユーロ最終戦向けのエントリー1000円割引券(↓)は残念ながら使えずじまい・・・てなワケで、当日は応援部隊に徹しマス。
Waribikiken

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010 Rd.3 決勝車載映像


先週末行われたユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」第3戦、決勝オープニングラップから3周目にかけての車載映像(↑)。
慣れないポールポジションからのスタートは、モチロン今シーズン初。前回第2戦のポールシッター「LR54」さん散々イジリ倒したそのすぐ後の第3戦で、マサカ今度は自分が同じ立場になろうとは・・・。このテのプレッシャーに滅法弱いのは、実は自分の方でありまして、思いもよらぬ展開から案の定やらかした失敗スタートに身をもって知る「因果応報」・・・「LR54」さん、あの時はゴメンネ・・・。
そんな28番車を尻目に、予選セカンドグリッドから抜群のスタートダッシュでトップに躍り出た、「VWタイプⅠフリーク2号」Tさんを懸命に追う決勝序盤戦。去年の開幕戦と同様、山登りのコーナー区間からラインをクロスさせつつ立体交差下にて追い抜きを試みるも、既にコチラのネライは先刻お見通し・・・同じ方を相手に同じ手口がそう何度も通用しないのは、考えてみれば当然のハナシ。また今後の対策を考えねば・・・。
因みにスタート直後の1コーナー進入にて軽くゴチン!と来たのは、後続の相方27番車とのレーシングアクシデント。幸いお互い軽傷で、28番車も右側リアフェンダーの後部が少し押された程度。早速レース後のパドックにて、トランク内側からの「掌底!掌底!」攻撃を敢行・・・おかげで無事復旧と相成りました(↓)。
Rearfender

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010Rd.3 お疲れ様でした。

Freakvw3
9月ももう半ば過ぎにもかかわらず肌寒かったのは早朝のみ、日中は照りつける厳しい残暑の陽射しの下にて開催されたユーロカップ2010第3戦は、一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、「VWタイプⅠフリーク2号」(↑)のTさん。2009年開幕戦での「フリーク2号」デビューから一年半、その前身のVW「フリーク1号」も含めれば、あの豪雨順延2005年第3戦からの参戦開始以来、初のユーロクラシック総合優勝、本当におめでとうございます!!
28番車は続く総合2位にて無事完走。予選ポールポジションの原動力となった「おろしたて新品サラタイヤパワー」も、肝心の決勝まではその神通力は続かず、スタート早々2番手に転落した後は、ひたすら前を行くオレンジと黒のツートンカラーも鮮やかなカブト虫の丸い背中を懸命に追いかけ続けるも、その差1秒598にてチカラ及ばず・・・。
序盤よりナントカ射程圏内に留まり続けたとはいえ、駆け引きの主導権はついに最後まで一度もコチラが握ることなく終わった決勝10周回。そういった意味では、またひとつ大きな勉強をさせていただいた一戦でもアリマシタ・・・。
28euro2010rd3

| | Comments (6) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2010第3戦

A0503
いよいよ明日、9月19日(日)はユーロカップ2010「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の第3戦。
今年も早シーズン後半戦を迎え、これまで引っぱりに引っぱってナントカ使い続けてきたSタイヤ、ヨコハマADVAN「A050」もサスガにもう限界ということで、この度ついに同じ「A050」のサラ4本の購入に踏み切る。本音はできればもう1回ダケ引っぱって次戦「チャオイタリア」にて満を持して・・・なんて、そうはウマくコトは運びませんデス・・・。
ともあれ5月末の第2戦以来、自身約3ヶ月半ぶりのセントラルサーキット。とりわけ今年はその間に暑い暑い夏を挟んだこともあってか、何だかもっと久しぶりのような気もしたりして・・・まずはしっかりオツムの中を戦闘モードに切り替えて、気を引き締めていかねば・・・。で、気になる明日の兵庫県南部地方の天気予報は「晴れ時々曇り」、降水確率20%とはチト高めの気もするが、まぁゼイタクは申しますまい・・・。
ともかく明日も好天の下、楽しいレースで、どうか無事に帰って来れますように!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2010第3戦エントリーリスト発表

Karmannghia4
いよいよ今週末は28番車にとっての2010年シーズン後半戦の一発目となるユーロカップ2010第3戦。主催者「ツーアンドフォー」より昨日発表されたエントリーリストによると、ついこの間まで続いた厳しい残暑の影響か、今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」へのエントリーは前回よりやや少なめの総勢22台。そのうちほぼ半数の12台を我らアルファロメオ勢が占めるのはいつも通り。加えてエスハチ3台、ベレG2台にダルマセリカが1台の国産旧車勢、さらにランチア・フルビアにクラシックミニ、そして超常連のビートル&カルマンギアのVWコンビという内訳。
クラス別では28番車の属する排気量1601cc~2000ccまでのチューニング車輌による「T-2000」クラスが総勢7台の最激戦区。ナント今回はクラス全車輌がアルファロメオ・・・とはいえヴェローチェ、スパイダーにジュリアスーパーの105系にトランスアクスルのアルフェッタGTが加わるという色とりどりの顔ぶれ。
・・・ってコトはアレ!?じゃ「T-2000」常連のVWカルマンギア(↑)、T本のおやっさんは?!と、もう一度エントリーリストを見直せば、今回からは排気量を2.2リッターにアップされ、その名も「GT BUG34 KARMAN GHIA」ということで、排気量無制限の「T-2000 OVER」クラスでのエントリー。ううっ・・・タダでさえ手ごわいのに、この上さらにカマ上げとは・・・。ぬぬぬ・・オヤジめ・・・ついに本気出してきたか・・・てなワケで、今週末はクラスを超えたタタカイで何卒ヨロシクです!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)