Entries categorized "Euro Cup 2013"

2013年度 全リザルト

28eurocup2013
早いもので2013年も残すところあと数時間。今年も振り返ればイロイロあったけど、おかげさまでどうにかこうにか平々凡々、コレといった大過なく一年を乗りきれたことに、先ずは感謝感謝。
また当ブログの2013年も、相変わらずの走ったり(自動車)、走ったり(自転車)そんでもってさらに走ったり(人間様)の一年ということで、コチラも変わりばえ無しのマンネリの極致。他人様から見れば甚だツマランであろう内容にもかかわらず、今年も当ブログにおつきあいいだきました皆様方におかれましては、本当にありがとうございました。・・・てなワケで、今年最後のマンネリ収め・・・とはいっても、本人にとっては大切な記録簿、大晦日恒例「本年度28番車全リザルト」にて、2013年のシメとさせていただきマス。
本年もお世話になりました。どうか良い年をお迎えください!!

還暦レース大会2013
2013年3月3日 岡山国際サーキット(ドライ)
Mbクラス 予選2位(7) 1’55.653  決勝1位(2) BT 1’54.513

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第1戦
2013年3月31日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選4位(4) 1’33.702  決勝4位(4) 1’34.235

第16回 ミニ・ジャック ヒストリックカーレース
2013年5月19日 岡山国際サーキット(ドライ→ウェット)
クラス1 オーバー1500 予選PP 1’54.694  決勝1位(1) BT 2’18.408(FL)

アイドラーズ・ゲームス2013 スプリント第2戦筑波 TM&Kレース
2013年6月2日 筑波サーキット(ドライ)
TM2Tクラス 予選4位(5) 1’09.295  決勝3位(5) 1’09.339

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第3戦
2013年9月29日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選4位(4) 1’34.771  決勝3位(3) 1’34.791

チャオ・イタリア2013 クラシックカーチャピオンレース
2013年10月20日 セントラルサーキット(ウェット)
BT-3クラス 予選1位(4) 1’49.565  決勝1位(2) BT 1’48.888(FL)

アルファロメオチャレンジ2013関西 第4戦
2013年11月4日 岡山国際サーキット(ドライ)
HSRクラス 予選1位(2) 1’55.471  決勝1位(2) BT 1’55.132

ユーロカップ2013 ユーロ&ジャパンクラシックカーレース 第4戦
2013年11月24日 セントラルサーキット(ドライ)
T-2000クラス 予選2位(2) 1’33.316  決勝3位(3) 1’34.050

※カッコ内は総合順位 BT→BEST TIME FL→FASTEST LAP

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 予選車載映像


以前はバッテリーやビデオテープ容量の都合で、決勝のみの撮影しかできなかった28番車の車載カメラ。それが今シーズン後半戦からの「Go Pro」導入のおかげで、撮影可能時間が大幅に長くなり、以来レース日は予選・決勝ともフルにカメラを回せるようになったようなコト。ただし予選終了後の速やかなカメラ停止を忘れなければデスガ・・・。
ただそれに加え、映像の画質も大幅に向上した分、旧式の自宅PCでは再生処理能力が追いつかず、ユーチューブの動画にまで加工してやっとまともな視聴が可能になるという事態に・・・。ホンマ高画質っちゅうのも良し悪しデスワ・・・というワケで、現時点でのセントラルサーキットのベストラップ、1分33秒316の記録も兼ね、先日のユーロカップ2013最終戦の予選車載映像(↑)。
またこの日は同じユーロクラシックを走る1750GTV「たみぃ」君の秘密兵器、「データロガー」のGPSセンサーを、仲間内での比較研究のため、屋根の上にペタリと搭載(↓)。後日そのGPS位置情報や車速、縦横Gなどなど、サーキット全開走行中、刻々と変化する各種データを同期させた、車載映像DVDを別途こしらえていただき、コレは大変にありがたきシロモノ・・・。
こちらも貴重な資料として、今後の参考にさせていただく所存でゴザイマス。
Digispice

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 決勝車載映像(その2)


前回の続き、先日の「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦、決勝後半戦の車載映像(↑)。
後方から猛烈な勢いで追い上げてきた「なんでんかんでんロータスエラン」(↓)に先行を許し、この時点で4番手にポジションダウン。後はナントカこの目前のエランに喰らいつき、あわよくばさらに前を行く上位陣との三つ巴のドサクサに紛れ・・・なんて手前勝手な思惑通りにコトが運ぶほど世の中甘くなく、一転コチラが追う立場になれば、思いのほかペースの上がらない先行のロータスエラン。レース後ドライバーのFさんにうかがったところ、スロットル系の不具合で、途中エンジンの回転落ちにトラブルが出ていたとのお話。そんなコトとはツユ知らぬ後方28番車、「あちゃ~っ!!コリャもう1回抜かなアカンのか!?」と、事ココに至ってはゼヒも無し、まずは当面のバトルに全力集中!!・・・とこの日2度目の作戦変更。
で、続く決勝後半戦、苦労しつつもどうにかこうにかポジションを回復し、終わってみれば予選から一つ順位を落としての総合第3位にて無事完走という決勝リザルト。
振り返ればここ数戦、寂しく一人旅の決勝が続いていたダケに、順位はともあれ、久しぶりに他車との競り合いを堪能できた1戦ということで、まずは充実の2013年シーズン最終戦でありました。
Lotuselan2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 決勝車載映像(その1)


先週末行われた「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦の決勝車載映像。
朝の予選でのベストラップ、1分33秒316(セントラル自己ベスト)は、総合2番手からのスタート。思えば久々のグリッド1列目、ココは何としても苦手なスタートを無難に切り抜けて・・・の思いとはウラハラに、またしてもアッサリ順位を落としてしまうオープニングラップ(涙・・・)。それでもナントカ2周目には3番手ポジションまで回復し、後はひたすら前を行く「RSハマダ 日本GP セリカ」(↓)Sさんを追う決勝序盤戦。ナントカ喰らいついてチャンスをうかがおうとするも、彼我のタイム差いかんともしがたく、どうにかこうにか付いていくのがやっと・・・という苦しい展開。そうこうする内、後方から猛烈な勢いで追いついてきていた「なんでんかんでんロータスエラン」のイエローの車体が、見る見るうちにルームミラーに大写しに・・・。
レースはまだ始まったばかり。コリャとても最後まで抑えきれるスピード差では無く、ましてや追いついてきたのがクラス違いのT-1600車輌とあれば、無理なブロックで先行車との差を拡げてしまうより、この場はスンナリ抜いてもらい、しかる後にその勢いを後方から利用させていただきつつ、あわよくば漁夫の利を・・・という必殺「コバンザメ走法」に上位浮上への活路を見出すという作戦に急遽スイッチ。
ガラ空きにした1コーナーイン側からその姿を現す、ロータスエラン26R。
さぁお願い!!引っ張ってチョーダイ!!
Celica

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 お疲れ様でした!

Yoshimuralevin
前日来の天気予報はバッチリ当たり!朝イチから終日快晴のお天気に恵まれたセントラルサーキットにて行われた「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦は、一昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回の栄えあるウィナーは「吉村オート寿レビン制動屋NUTEC」(↑)のヨシミューラー社長。前戦に続き、ポールtoフィニッシュでの総合2連勝、おめでとうございます。続く総合2番手には、その差僅か0.124秒、決勝1分33秒021のファステストラップを叩き出しつつ、熾烈なトップ争いを繰り広げた、「RSハマダ 日本GP セリカ」(↓)Sさんが入り、28番車はそのさらに後方、遅れることトップ差8秒826の総合第3位にて無事完走というリザルト。・・・ということで、アラ終わってみれば前回第3戦と全く同じ顔ぶれダ・・・。
またさらに振り返れば今シーズン全4戦の総合優勝は、前半2戦はRSハマダさんのセリカ&TE27レビン、後半は吉村オート社長のTE27レビンが2連勝と、例年にも増して国産旧車勢強し!が印象に残った1年。果たして来シーズンに向け、欧州車勢の捲土重来なるか?・・・はどうかは別として、とにもかくにも28番車にとっての地元ユーロクラシック、今年もナントカ無事に終えられたことにまずは感謝。
また来年も恐らく相変わらずの一喜一憂・・・それでも自分なりのペースで精一杯ガンバってイコー。
Shintocelica

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2013 Rd.4

Lotuseurope4
明日11月24日(日)は28番車にとっての今シーズン地元最終戦となる、「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレースの第4戦。
主催者「ツーアンドフォー」発表のエントリーリストによると、参加総数はシーズン最終戦としてはやや少な目の19台。折りしも旧車イベントシーズン真っ盛りということで、今回欠席の常連ホンダSチームは恐らくコチラの方ではないかと・・・。「エス」生誕50周年おめでとうございます。またそんな一方、お久しぶりのカムバック組があるというのも、息永く活動されている方の多いヒストリックカーレース界ならではのコト。で、今回そんなご無沙汰しておりましたの「ロータスヨーロッパS2」(↑)LR54さんと、「BMW2002」(↓)のYさん。明日はまた久しぶりのお手合わせのホド、よろしくお願い申し上げます。
・・・てなワケで、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は、予報によると「晴れのち曇り」降水確率10%と絶好のレース日和になりそうな予感。ただ明日は我らユーロクラシックがタイスケ最終レースだけに、数日前の週間予報から、ず~っと翌月曜日に居座り続けている傘マークが不気味っちゃぁ不気味・・・。
いいか、その傘マーク!日付をまたぐな・・・またぐなよ・・・・(by長州 力)Bmw20023

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013最終戦にエントリー

Eurocup20131
来る11月24日(日)、セントラルサーキットにて開催の「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦にエントリー。
振り返れば、前半戦のまずまず好調なすべり出しが、夏以降は一転、もがき苦しむ中折れ失速気味の後半戦・・・といった様相を呈しつつある今2013年シーズンも、気がつけばアッという間に地元最終戦。「終わりよければすべてヨシ!」といきたい思いは、モチロン我が身のみならず。常連組、ニューカマーにカムバック組と、例年強豪ひしめくユーロクラシック最終戦、今回は果たして如何なりますことやら?
できうればスカッと晴れ渡る秋晴れの下、結果はともあれ、まず自らが悔いの残らぬ地元レースの締めくくりとなりますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.3 決勝車載映像


先週末行われた「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第3戦の決勝車載映像。
この日は予選総合4番手、2列目イン側グリッドからのスタートの28番車。昨年のシグナル故障からほぼ丸1年、以来メインポストでの旗振りスタートがスッカリ定着し、エントラント側としても半ば諦めかけていた待望のスタートシグナル復旧が、この度ついにリニューアルされて完成(パチパチパチパチ・・・・)。久々の感慨と共に睨みつける正面赤ランプの消灯で始まる決勝レースは、恒例オープニングラップの陣取り合戦の後は、前を行く先頭集団にナントカして喰らいつこうとガンバルも、その差はジワジワと拡がるばかり・・・途中天敵Mさんのトラブルにも助けられての終わってみれば総合3番手にて無事完走といった展開。予選イッパツのタイムはもちろんのコト、決勝でも1分34秒台後半がやっとと地力不足を露呈してしまった1戦・・・。
次回最終戦に向けての宿題は山積みダ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.3 お疲れ様でした。

Yoshimurate272
前日来の予報通り、爽やかな秋晴れに恵まれたセントラルサーキットにて行われた「ユーロカップ2013」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー。
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、「吉村オート 寿レビン」(↑)Y社長。予選ポールポジションスタートから終始先頭の座を開け渡すことなく、安定したレース運びでのトップチェッカー、おめでとうございます。続く総合第2位には、惜しくもその差1秒676で「RSハマダ 日本GP セリカ」(↓)のSさんが入り、28番車はさらにその後方、トップから7秒012遅れの総合第3位にて無事完走というリザルト。
シーズン後半開幕戦ということで、スケベゴコロでツイ試してみた足回りへの施策がものの見事に大外れ。ヘタの考え休むに似たり、自己ベストにも遥かに届かぬラップタイム1分34秒771にて予選は4番手に沈み、続く決勝も、画に描いたようなタナボタ展開に助けられた末の、辛くも3位フィニッシュということで、今後に向けての課題がまたしても山積みとなってシマッタ1日・・・またしばらく試行錯誤の日々が続きそうデス・・・。
Japangpcelica2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2013 Rd.3

28garage4
いよいよ明日、9月29日(日)は28番車にとっての2013年シーズン後半戦の一発目、地元セントラルサーキットでの「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第3戦。
主催者「ツーアンドフォー」発表のエントリーリストによると、今回のユーロクラシックは参加総数21台、うち28番車が属する「T-2000」クラスが相変わらずの最激戦区となる群雄割拠の総勢9台ということで、否が応でも緊張感高まる上に、自身前戦アイドラーズ以来となる4ヶ月ぶりのサーキット・・・果たして如何相成りますことやら・・・。
で、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は、今のところの予報によると「晴れ時々曇り」降水確率0%と、こちらは絶好のレース日和が期待できそう・・・てなワケで、明日もいつものように事故無く、楽しくレースして、どうか無事に帰って来れますように・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)