Entries categorized "Fiat"

チンクェチェントの皮を被った・・・

Beat500
先日の「フロムセブンミーティング」見学のため訪れた嵐山高雄パークウェイ内駐車場でみかけたフィアット500。
シロート衆の28番車がパッと見たところ、ちょいバーフェンとはいえ、いたってフツーのチンクェチェントながら、空冷エンジンのハズなのに見馴れたフロントマスクにはナゼかラジエターグリルらしきモノあり。「へぇ~、こんな種類もあるんですねぇ!」なんて呑気なコト言いつつ歩み寄れば、足元には懐かしの無限ホイール・・・えっ!?なんでこんなトコにフィラーキャップあるの?!と???の連続に陥っていたところ・・・。
「コレ、中身ビートなんですヨ。」と教えていただき、ビックリ仰天!!
これは見せていただかなくては・・・と、前後のエンジン、トランクリッドを開けていただけば、ソコはさらにオドロキの世界。アルミの隔壁で覆われた後席スペースに収まったホンダ・ビートのエンジン(もちろん水冷)もさることながら、足回りからナニからほぼ全てビートのものを移植されたとのことで、それでいて外観はほぼ完全にチンクェチェントというのがスゴイ。さらにインパネには、例のアバルト風メーターパネルならぬ、ビートの特徴のひとつでもある独立式メーターパネルが絶妙に収まり、そんな細部の気の利いた仕上げも含めて「ホンマよぉ~デキてるワ!!コレ!!」と、タダタダひたすら感じ入ってしまったようなコト。
その節はホント、イイモノ見せていただきましたデス・・・はい。
Beat5001
Beat5002

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2014 フロムセブンミーティング

Fromseven2014
昨日の日曜は、28番車の試運転がてら、京都府は嵐山-高雄パークウェイにて開催の「フロムセブンミーティング」を見学に。
早いもので今年もぼちぼちシーズンオフ・・・そんな中、日程が合えばぷらっと気楽に訪れるには丁度よいイベントということで、自身5年ぶりの参加となったものの、寒いながらも冬晴れのお天気に誘われたか、少しゆっくりめで到着した当日の会場、菖蒲池駐車場は既に満員御礼の大盛況。
参加無料、事前申込無しの気軽なミーティングなれば、それもまた致し方無し。ほな折角のドライブウェイ、一通りサクッと走って撤収しますか・・・のつもりが、立ち寄った別の駐車場にてフィアット500の集まりを発見。ナンダカンダで色々話し込んでしまったような次第・・・その節は吹きっ晒しの寒い中、長々と立ち話のお相手いただき、ありがとうございました。また帰りのパークウェイ走行中にも、久々にお見かけするお馴染みのクルマに遭遇すること度々。すれ違いざまに、お互いパッと手を挙げる一瞬・・・込めた思いは、
少し早めの「よいお年を~!!」
Fromseven20142

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この2台は速かった!!

X19
晩秋の好天の下、参加50台の大盛況にて幕を閉じた先日のヒルクライムイベント「Corsa di macchina a Nagano 2014」。その中でも抜群のタイムを叩き出されたのが、ゼッケンNO.18、フィアットX1/9(↑)の温泉さん。1本目2分19秒904(!)、2本目2分18秒970(!!)トータル4分38秒874という圧倒的なラップタイムでの堂々のクラス優勝、おめでとうございます。
またさらに28番車の属する1601cc~2000cc「italian classe corsa」クラスでのベストラップを記録したのが、関西ではお馴染み「青い戦闘機」ことアルファロメオ・ジュリアスーパー(↓)のだいごくん。今回は計測2本の合計タイムでの競技のため、リザルトはクラス4位に甘んじたものの、クラス一同アッ!と驚くラスト2本目、渾身の2分21秒751は、正にユーロカップ・クラシックカーレースきっての「ワイルドなオトコ」の面目躍如?!
いずれにせよ、恐らくはエントラント全員がほぼ初体験であろう公道完全閉鎖、エスケープ無しの難コースでのイッパツ勝負で、バチッとタイムを出してこられるのは、ナカナカもってできんコト。いやホンマ素晴らしかったです。
またそんな鬼気迫る走りに比べ、イマイチだった我が身を振り返れば、やはり一抹の悔しさもある反面、温泉さんだいごくん共にもう数年来、地元関西のレースにてしのぎを削り合うレース仲間。そういった意味ではライバルとはいえ、同じホームグラウンドを遠く離れた長野での大活躍を、大いに誇らしく思う気持ちもあったりするのデス。
Daigosuper

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2014 決勝車載映像


先月の26日、兵庫県はセントラルサーキットにて行われた「チャオイタリア2014」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースの決勝車載映像(↑)。
久しぶりのポールポジションからのスタートを、どうにか無難にこなし、先頭をキープしたまま飛び込む1・2コーナーから裏ストレート。3速全開でイッパイまで引っぱって・・・もアレ!?なんか回転が伸びん?!と焦りつつ、とにかく4速・・・もマッタクの頭打ち。コレハ明らかにオカシイ・・・このままイクか?無理せず止めるか?う~ん・・・でも1軍サポ隊をお休みしてまで出てきた折角のチャオイタ、とにかくもう少しダケ様子見ダ・・・で、そのまま進入する裏ストエンド。
恐らくこの時点で既に1番プラグがエライことなっちゃってたなどというコトは当然知る由もなく、オープニングラップ最終コーナー立ち上がりでツイに完全失速。うわ~コリャ最終は1速でいかんとムリだわ・・・なんて言ってる間に、続くメインストレートで2番手スタートの温泉リトモさん(↓)ずば~っと大外刈り。そこをどうにかこうにか巻き返し、必死のパッチで逃げを打つ中、チラと確認した水温計のデジタル表示は90℃オーバー。
ぎや~っ!ヤバいヤバい!!冷ませ冷ませ~!!で、普段は夏場しか使わない「岡ちゃんスプレー」を緊急スイッチオン(念のため水入れといてヨカッタ・・・)。さらにその後は最終コーナーの1速以外は早め早めのシフトアップを心掛け、ストレートの度にチラチラとミラーで後方を確認しつつ、それでもどうにか最後まで逃げおおせられたのは、もはや幸運以外のナニモノでもないという・・・。
そんなこんなの最後までヒヤヒヤもんの決勝10周回でありました・・・。
Onsenritomo4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャオイタリア2013 決勝車載映像


先週末行われた「チャオイタリア2013」イタリアンクラシックカーチャンピオンレースの決勝車載映像。
予選は4番手、2列目イン側からスタートの28番車。前方フロントロー、栄光のポールポジションはチャオイタではお馴染み、温泉さんのリトモアバルト(↓)、そのイン側2番手は今回のウィナー亀トラスパイダーMさん、続く堂々の予選3番グリッドには雨には強い!!仲間内でも強靭なメンタルで鳴らす29番車がつけるという布陣からの・・・ハイ!よ~いドン!!
恒例のスタート直後の陣取り合戦でナントカ2番手にまで浮上した後は、懸命に前を行くスパイダーを追いかけるものの、残念ながらチカラ及ばず。かろうじて僅かコンマ数秒差での決勝ファステストラップを刻めたことがせめてものお慰み・・・結局は予選での差を挽回できず、そのまま総合第2位にて無事完走というリザルト。
いやはやレースっちゅうヤツはホントにうまくいかんもの・・・・タマ~に勝つと止められず、かといってヤラレっぱなしじゃ・・・もっとヤメラレナイ!?
Onsenritomo3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チャオイタリア2010エントリーリスト発表

Verdyspider
いよいよ今週末に迫った「チャオイタリア2010」。
主催者ツーアンドフォー発表のエントリーリストによると、今年の「PIRELLI CUP Ciao Italiaクラシックカーチャンピオンレース」への参加は、例年に比べてやや少なめの総勢23台。それでもイタリア旧車のワンメイクでこれだけの台数が揃うレースイベントは、地元関西では恐らく唯一の存在ということで、毎年この時期この「チャオイタ・クラシック」でのみ再会を果たせる常連さんも多々おられるワケでして、当ブログにもしばしばコメントをいただいている↑の「ヴェルディー スパイダー」Hのおっちゃんさんや、↓の「温泉リトモ」の温泉さんとも毎年恒例、年に一度のお手合わせ。
今年もまたヨロシクお願いしまッス!!
Onsenritomo2

| | Comments (9) | TrackBack (0)

蛇と蠍使い

79a91bfd
学生時代のバンド仲間だったのが、今は何の因果か↑のド派手な156で「アルファロメオチャレンジ関東」の最高峰SRクラスにて奮闘中という、妙な腐れ縁でつながる旧友「ぢ」が、このたび自らのブログを立ち上げたとの知らせを聞き、この場にてご紹介。
その名も「蛇と蠍使い」とのことで・・・え!?ヘビとサソリ!?
おいおい!ヘビはともかくサソリなんて聞いてないゾ!?・・・・なんてオドロキつつ早速拝見したところ、サソリの方はナント↓の「Fiat 131 ABARTH RALLY」。ひえ~!いつの間にやらコリャまたスゴイのを手に入れとるワ・・・。
てなワケで、かようにゼータクな組合せの新旧イタリア車コンビを軸に綴る、ハマのオヤジのブログに乞うご期待・・・よろしければコチラからドウゾ。
0f0b0e34

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ムルティプラの狼!?

Multipla
先日の「2009フロムセブンミーティング」で見かけた、往年のスーパーカーブームを知る世代にとってはお馴染みのカラーリングが施されたフィアット・ムルティプラ。さらにボンネットにはアノお約束の撃墜マーク(↓)までが再現されており、さしずめ「ロータスの狼」ならぬ「ムルティプラの狼」といったところ!?
確か以前聞いたところによるとこのムルティプラというクルマ、最大の特徴である横並び3人掛け乗車という座席配置がもたらすワイドトレッドのおかげもあってか、そのユーモラスな見かけによらず抜群の旋回性能を発揮するコーナーリングマシンとしての一面も持つのだとか・・・。そういった意味では実は密かに本家であるロータスヨーロッパと相通ずる部分もあったりして・・・。
ともあれこの日会場に集まった多数のフェラーリやポルシェといったスーパーカーのライバルたちに混じって一際異彩を放つ、痛快にシャレの効いた「狼」を拝見させていただきました。
Multipla2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ようやくお会いできました。

Fiat5003
当ブログをご覧いただき、しばしばコメントをいただいたこともある方々と、実際にお会いしてお話させていただく機会に恵まれるというのも、イベント参加の楽しみのひとつ。・・・というワケで、先日の「2009フロムセブンミーティング」会場にてお声をかけていただけたのが、↑のフィアット500でお越しになっていた山田さん。この前の「雨のイタジョブ2009」(↓)では生憎すれ違いに終わっていたので、今回が初のご対面と相成ったような次第。
で、早速以前のお住まいがウチの近所ということで地元ローカル話に花咲かせたり、お互いのクルマにハマる意外なキッカケなどなど・・・その節は何かと楽しくお話させていただきマシタ。さらに来シーズンからはサーキット走行デビューも考えておられるという、コレは慢性的若手不足に悩む我らヒストリックカーレーサーにとっては何よりも嬉しいオハナシ。
次回はセントラルサーキットのパドックでお会いできるカモ・・・ですね!!
Fiat5004

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Fiat 500 Abarth Asetto Corse

Abarth
Abarth2
先日参加したユーロカップのパドックで見かけた「フィアット500 Abarth Asetto Corse」。
以前「素」の新型フィアット500を初めて目の当たりにしたときは、事前の期待とはウラハラにいまいちピンと来なかったのが、このテの仕立てとなるとサスガは本場イタリア仕込み。所謂カップカーならではの抜群の仕上げの美しさも相まって「うわっ!カッコええ・・・コレやったら文句なく欲しいワ・・・」なんて、その場に居合わせた仲間内一同のオヤジゴコロをワシづかみ。
因みに世界限定僅か49台のうちの1台ということで、お値段の方も「えっ!?マジで?」と思わず聞き直した、ベース車輌の数倍ともなる堂々の7ケタ後半。
げにオソロシキは蠍の魔力なり・・・。
Abarth1

| | Comments (5) | TrackBack (0)