Entries categorized "Lotus"

ユーロカップ2014 岡山国際SPⅢ お疲れ様でした。

Lotuselan4
丁度西日本の梅雨明けとなった先日の7月21日祝日海の日。宣言通りの好天に恵まれた岡山国際サーキットにて行われた「ユーロカップ2014 岡山国際SPⅢ」は無事終了。お疲れ様でしたー。
今回の「EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース」の総合優勝は、「なんでんかんでん ロータス・エラン」のFさん。決勝出走台数が5台と少なかったものの、後続に1分以上の差をつけての見事なポールtoウィン、おめでとうございます。
一方その決勝グリッドにもつくことができなかった今回の28番車。予選走行中、最終コーナー立ち上がりで突如発生したエンジン不調のため、急遽ピットイン。その後、いつもサポートに駆けつけてくれる柳原Jr.と懸命にトラブルの原因を探った結果、この後の決勝走行は無理との判断に至り、残念無念のリタイヤとなってしまったようなコト。
元気に決勝コースインしていく仲間内の皆をピットで見送りながら、自らは一人寂しく帰り支度。帰路は夏休み初日の連休にもかかわらず、無理を言って助けに来てもらった「サクラ★オート」たかもっちゃんの積載車に載せていただき、ナントカ無事家まで辿りつけたような次第・・・。
その節は関係各位の皆々様におかれましては多大なるご心配、ご迷惑をおかけしました。この場を借りましてお詫び、御礼申し上げます。
Tieuro2014

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第17回ミニジャック 「ヒストリック・クラス1」ウィナーは・・・

Lotuselan3
28番車は無念の途中棄権となった先日の「第17回 Mini Jack」ヒストリックカーレース・クラス1の優勝は、「なんでんかんでんロータスエラン」(↑)のFさん。以前ユーロカップでご一緒させていただいた時は、セントラルではどうも調子が悪いと仰っていたのが、サスガ地元岡山では抜群の速さ。予選・決勝とも1分51秒台のベストラップを刻まれての堂々のクラス優勝、おめでとうございます。
続く栄えあるクラス2位は、ミニジャック・ヒストリックではお馴染み「クーパーズレジェンドS子ちゃん」(↓)のKセンシュ。事前のコチラの勝手な予想では、正直マサカここまでのラップタイムを叩き出してこられるとは思ってもみなかった、予選1分52秒(!!)509は、当のKさんにしてもオドロキのタイムとのこと。さらに気温・路面温度ともにグッと上昇した午後イチの決勝でも、変わらずベスト1分52秒台となれば、この速さはホンモノだ・・・。
「男子3日会わざれば括目して見るべし」とは正にこのコト・・・で、改めて我が身を振り返るに、28番車の岡山自己ベストは、一昨年のアルファロメオチャレンジ最終戦で記録した1分53秒380。
う~ん、岡山1分52秒台はチョット考えられんなぁ・・・。
Fordescort2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 決勝車載映像(その2)


前回の続き、先日の「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦、決勝後半戦の車載映像(↑)。
後方から猛烈な勢いで追い上げてきた「なんでんかんでんロータスエラン」(↓)に先行を許し、この時点で4番手にポジションダウン。後はナントカこの目前のエランに喰らいつき、あわよくばさらに前を行く上位陣との三つ巴のドサクサに紛れ・・・なんて手前勝手な思惑通りにコトが運ぶほど世の中甘くなく、一転コチラが追う立場になれば、思いのほかペースの上がらない先行のロータスエラン。レース後ドライバーのFさんにうかがったところ、スロットル系の不具合で、途中エンジンの回転落ちにトラブルが出ていたとのお話。そんなコトとはツユ知らぬ後方28番車、「あちゃ~っ!!コリャもう1回抜かなアカンのか!?」と、事ココに至ってはゼヒも無し、まずは当面のバトルに全力集中!!・・・とこの日2度目の作戦変更。
で、続く決勝後半戦、苦労しつつもどうにかこうにかポジションを回復し、終わってみれば予選から一つ順位を落としての総合第3位にて無事完走という決勝リザルト。
振り返ればここ数戦、寂しく一人旅の決勝が続いていたダケに、順位はともあれ、久しぶりに他車との競り合いを堪能できた1戦ということで、まずは充実の2013年シーズン最終戦でありました。
Lotuselan2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ユーロカップ2013 Rd.4 決勝車載映像(その1)


先週末行われた「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第4戦の決勝車載映像。
朝の予選でのベストラップ、1分33秒316(セントラル自己ベスト)は、総合2番手からのスタート。思えば久々のグリッド1列目、ココは何としても苦手なスタートを無難に切り抜けて・・・の思いとはウラハラに、またしてもアッサリ順位を落としてしまうオープニングラップ(涙・・・)。それでもナントカ2周目には3番手ポジションまで回復し、後はひたすら前を行く「RSハマダ 日本GP セリカ」(↓)Sさんを追う決勝序盤戦。ナントカ喰らいついてチャンスをうかがおうとするも、彼我のタイム差いかんともしがたく、どうにかこうにか付いていくのがやっと・・・という苦しい展開。そうこうする内、後方から猛烈な勢いで追いついてきていた「なんでんかんでんロータスエラン」のイエローの車体が、見る見るうちにルームミラーに大写しに・・・。
レースはまだ始まったばかり。コリャとても最後まで抑えきれるスピード差では無く、ましてや追いついてきたのがクラス違いのT-1600車輌とあれば、無理なブロックで先行車との差を拡げてしまうより、この場はスンナリ抜いてもらい、しかる後にその勢いを後方から利用させていただきつつ、あわよくば漁夫の利を・・・という必殺「コバンザメ走法」に上位浮上への活路を見出すという作戦に急遽スイッチ。
ガラ空きにした1コーナーイン側からその姿を現す、ロータスエラン26R。
さぁお願い!!引っ張ってチョーダイ!!
Celica

| | Comments (4) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2013 Rd.4

Lotuseurope4
明日11月24日(日)は28番車にとっての今シーズン地元最終戦となる、「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレースの第4戦。
主催者「ツーアンドフォー」発表のエントリーリストによると、参加総数はシーズン最終戦としてはやや少な目の19台。折りしも旧車イベントシーズン真っ盛りということで、今回欠席の常連ホンダSチームは恐らくコチラの方ではないかと・・・。「エス」生誕50周年おめでとうございます。またそんな一方、お久しぶりのカムバック組があるというのも、息永く活動されている方の多いヒストリックカーレース界ならではのコト。で、今回そんなご無沙汰しておりましたの「ロータスヨーロッパS2」(↑)LR54さんと、「BMW2002」(↓)のYさん。明日はまた久しぶりのお手合わせのホド、よろしくお願い申し上げます。
・・・てなワケで、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は、予報によると「晴れのち曇り」降水確率10%と絶好のレース日和になりそうな予感。ただ明日は我らユーロクラシックがタイスケ最終レースだけに、数日前の週間予報から、ず~っと翌月曜日に居座り続けている傘マークが不気味っちゃぁ不気味・・・。
いいか、その傘マーク!日付をまたぐな・・・またぐなよ・・・・(by長州 力)Bmw20023

| | Comments (2) | TrackBack (0)

明日はユーロカップ2013 Rd.1

Lotuseurope3
明日3月31日(日)は、28番車にとっての地元セントラルサーキットでの今シーズン開幕戦、「ユーロカップ2013」EURO&JAPANクラシックカーチャンピオンレース第1戦。
主催者ツーアンドフォー発表のエントリーリストによると、今年のユーロクラシック開幕戦は参加総数21台。うちほぼ半数の10台を我等アルファロメオ勢が占めるのは例年通りの車種構成。それに加えていつものTeam Direct 5thさんちのホンダS、RS HAMADAさんのセリカ&TE27がそれぞれ3台づつに、こちらもお馴染みVW勢2台とヨシムラオート社長のTE27、さらにはロータスヨーロッパ(↑)にヨンメリスカイライン(↓)といった布陣。その中で28番車が属する「T-2000」クラスは、これまたエントラントのほぼ半数に及ぶ総勢10台の最激戦区ということで、こちらはロメオ6台にトヨタ4台、日伊混成の今回も錚々たるメンバー・・・・こりゃ相当に気合入れていかんとデス・・・。
・・・で、気になる明日の兵庫県南部地方のお天気は「曇り・降水確率30%」の予報とのことで、つい昨日まで陰陰滅滅と眺めていた雨マークからは幾分好転。「この調子でもう一声イっとこ!!」・・・なんて当日の晴れ間を祈りつつ、明日も楽しくレースして、どうか無事に帰ってこれますように・・・!
Skyline_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第15回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像(その3)


三度目の正直。
2度の赤旗中断後の再々スタートは、僅か2周での決着となった先日の「第15回Mini Jack」ヒストリックカーレース決勝。当初は予想だにしなかったこの日3度目のポールポジションとはいえ、つい先刻の展開からみても地力では明らかにふさわしくないグリッドであることは、最早自他共に認めるところ・・・。それでも今度は僅か2周の超スプリントとなれば「あわよくば・・・・」の期待を胸に懸命に逃げ切りを図るも、オープニングラップの裏ストレートにて早々と万事休す・・・。後は先行の「ロータス47GT」にナントカついていくのが精一杯という状況のまま、2度のやり直しスタートにてようやくチェッカーフラッグが振られたような次第。
最初の決勝コースインから再々スタートのチェッカーまで、車輌回収・コース整備等の待ち時間を含めて本当に長かった今回のレース。車載ビデオカメラのテープも、この走行途中で使い切ってシマイマシタ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第15回ミニ・ジャック ヒストリックカーレース決勝車載映像(その2)


先日の第15回ミニ・ジャック、ヒストリックカーレース決勝赤旗中断後の再スタート。
隣の2番グリッドは空きとなるも、スタートは大の苦手とする我が身にとっては大した気休めにもならず、迎えたこの日2度目のスタート進行。シグナルブラックアウト直後、後方より猛然と迫りくる予選4番手「クーパーズレジェンドS子ちゃん」Kさんをナントカ抑えるべく、1コーナーをインベタで飛び込んだはいいものの、必然的にガラ空きとなる続く2コーナーのイン側から間髪入れずズバッと来られたのは予選3番グリッドからスタートの「ロータス47GT」Hさん。
「うひ~!!ココでいかれると計算が違う~!!」なんて手前勝手な皮算用が通用するハズもなく、懸命に喰らいついていこうとした矢先、今度は1周目にしてまたしてもの赤旗中断・・・・。
え~!?どうすんのー??もしかしてもう1回・・・やる?!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

第15回Mini Jack お疲れ様でした!

Lotus47gt
朝イチから終日快晴という絶好のレース日和に恵まれた岡山国際サーキットにて開催された「第15回Mini Jack」は昨日無事終了。お疲れ様でしたー!!
今回のヒストリックカーレース総合優勝は「ロータス47GT」(↑)のHさん。決勝は2度の赤旗中断という大波乱の展開をものともせず、3度目の正直となった再々スタート、わずか2周という超スプリントレースを見事制せられての総合第1位、おめでとうございます。一方28番車(↓)は遅れること0.595秒の総合2番手にて無事完走。なけなしのサラタイヤパワーをハタいてゲットした予選PPからのスタートも、残念ながら決勝ではチカラ及ばず。ただ前述の大混乱の結果、そのポールポジションからのスタートを連続3回も体験させていただくという貴重というかナンというか・・・。
ただアレは心臓にはよくないッス・・・。
28minijack

| | Comments (2) | TrackBack (0)

座学では補えぬと知りつつも・・・

Zagakutime
ツイツイ買ってしまうのデス・・・繋がりでコチラにトラックバック。
若かりし頃は発売日を待ちかねるように購入しては読み漁っていたクルマ雑誌も、今では立ち読みですらパラパラ眺める程度・・・とはいえ、このテのヤツにはいまだに弱く、勤務先近くの書店で背表紙のタイトルを見かけたその日にシッカリ購入してしまったような次第・・・。ただここ最近の自転車通勤の影響で、毎日の通勤電車座学もママならず、やむを得ず休日早朝ヨメコドモの起床前にコッソリ抜け出し、近所のマクドで朝セットを喰らいつつ「ふむふむナルホド・・・」なんて束の間の読書に勤しむの図(↑)。ただし仕入れた知識を実戦の場で生かせるかどうかは・・・それができりゃ苦労はおへん。
因みにトラバさせていただいた先のロータスヨーロッパS2(↓)「北摂赤ヒラメ」さんは、明日のユーロカップ2010最終戦にエントリーとのこと。天気予報では日曜は絶好のレース日和・・・久々のユーロクラシック、がんばってください!!
Akahiramegou

| | Comments (4) | TrackBack (0)